テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

2016年7月期のアニメの感想。七本目は「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」。
どうせゲームのアニメ化だからたいしておもしろくもないだろう、くらいの気持ちで見始めたんだけど、案外悪くなかった。何がよかったかといえば、いかにもゲームっぽい背景とか、原作やったことないのでなんともいえないけど、背景とか動きとか何かゲームっぽいんだよね。もちろん今のアニメがデジタル化しているのは知っているけど、それをこういう形で出してきたのって、あんまりないんじゃないかなあ。ストーリはあまりどうということもなかったけれど、間に挟まったベルベット・クラウの断章みたいなところが気になった。これ、本編に絡んでくる話なのかね。続きを見るとわかるんかな。ちゃんと録れているいるといいんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食戟のソーマ 弐ノ皿

2016年7月期のアニメの感想。六本目は「食戟のソーマ 弐ノ皿」。
一期が面白かったので楽しみにしていたが、相変わらずの熱い料理バトルを堪能させてもらった。一期と異なっているのは、主人公の名前が売れれていること。一期では、格下扱いされていた主人公がまさかの逆転劇をみせるというところにカタルシスがあったが、二期では対等なライバル同士の戦いになっている。そんなライバルたちの中でも異色なのが、今季の中ボスとでもいうべき美作。対戦相手を調べ上げて、相手の料理を読み切って模倣したうえで、それをさらに改良した料理で相手を叩き潰すというスタイル。タクミさえも破れてしまったその難敵にどう立ち向かうかというところで、大いに盛り上がった。その後の展開については、まあ、そうなるよなあという感じではあったが、「秋の選抜」で話が終わらなくって、そのあとのスタジエールの話で、次に期待がつながる終わり方になった。これは三期となる「餐ノ皿」も楽しめそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブライブ!サンシャイン!!

2016年7月期のアニメの感想。四本目は「ラブライブ!サンシャイン!!」。
前作もわりと好きだったので、その流れで視聴。まあ、でもこのシリーズってある種のスポ根モノだよなあ。魔球とか必殺技がない分はキャラの可愛さで補う、みたいな。魔球じゃあグッズ売れないけど、キャラなら買いまくってくれるひとも多いってことを思えば、商売としては正常進化かもしれない。
そんなわけで、今回もいろんなキャラを取り揃えている。KONKONの好み善子ちゃん。ずいぶんと陳腐化してる気もするけれど、中二病をこじらせているキャラっていいよね。ダイヤも好きだからただの黒髪好きの可能性もなきにしもあらず。
作品の舞台となる沼津市内浦は、沼津でも田舎の方なので、アニメでこれだけ有名になっちゃうと沼津のイメージが変わっちゃいそう。っていうか、沼津って市街地しか知らなかったんだよね。伊豆に行くといったら通過しちゃうようなポイントだし。行ってみたいという気になったけど、今も聖地巡礼しているひと多いんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ももくり

2016年7月期のアニメの感想。二本目は「ももくり」。と思ったら元はインタネット配信だったらしい。まあいいか。
一見、甘々なラブコメなんだけど、ヒロインがストーカー気質で、普通の恋愛から少しだけ乖離したお話が繰り広げられる。一応ハッピーエンド的な終わり方をしているものの、本当にこのふたりがずっとうまくやっていけめかどうかは、少々疑問に思う。栗原さんはどこかで愛想を尽かされちゃうんじゃないかなあ。どっちもどっちっていう気はするけれど、ももくんから見た栗原さんって、ただかわいいだけの女の子って感じだったし。作中でも触れられていたように、栗原さんに対する違和感が大きくなっていったら、気持ちが離れていくんじゃないかなと。まあ、そんなこと考えずに、ふたりともかわいいなあと思いながら見てればいいアニメではあるんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 継子岳(2,858m)

チャオ御岳のゴンドラがグリーンシーズンの営業を再開したと知って、ひさしぶりに継子岳に登りに行った。ところが、このゴンドラの営業時間が曲者。事前に調べていかなかったのが悪いんだけど、登りの始発が10:30、下りの最終が15:00。つまり実質4時間ちょいしか、登山の時間がないということになる。急げば何とかなりそうなんだけど、大丈夫かなあ。でも、下りは日和田口登山道を使えば途中からチャオに分岐するルートもあるみたいだし。ということで、意を決して登ることにする。
山頂駅を10:40に出発し、自然探勝路とは名ばかりの実質、登山道を行く。日和田口登山道との合流地点、継子岳登山口到着が11:30。ここまではまあ想定どおり。ここから森林限界という名目の「木無し」まで30分。前に来た時はもう少し近かったような気がするが記憶違いだったらしい。木無しから、継子岳山頂までが60分。つまりはここで13:00ということ。想定より少し多い。大急ぎで昼食を摂って、あわてて下山。途中、コマクサの群生を見つけたり、雷鳥っぽい姿を見かけたりしたが、じっくり観察する時間もなくひたすら急いで、山頂駅に着いたのが、14:50。なんとか間に合った~。
これはこれでおもしろかったけど、もっとゆっくりしたいのが正直なところ。ゴンドラの営業開始をもう1時間ぐらい早くしてくれるとありがたいんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月4日 西穂独標(2,701m)

西穂高の独標に行ってきた。ここは以前行ったときにはガスで何も見えなかったので、そのうちまた行こうかと思っていた。ただ、問題があって、あいかわらず岩場が苦手なこと。前に行った時にもかなり怖い思いをしながら登った。あれからずいぶんと時が流れて、少しくらいは岩場に慣れてきたんだろうから大丈夫じゃないかなあと楽観していたのだが、結論からいうとやっぱり怖かった。ひとが多くて、一気に登れなかったのも怖さの原因ではあるが、やっぱりこういうのが怖いっていう感覚が抜けないんだろうなあ。場数を踏めば何とかなるかもしれないけど、好き好んで苦手なところにはいかないしなあ。
ただ、天気はよくて、独標からの眺めを楽しむことはできた。西穂高のピラミッドピークが眼前に聳え、多くの登山者がチャレンジしている。KONKONはといえば、独標から西穂高方面への下りルートを見て、こんなの無理無理っていうレベルだったが。例によって写真をいくつか。
西穂山荘と焼岳。
20180804a
笠ヶ岳。
20180804b
独標とピラミッドピーク。
20180804c
霞沢岳と上高地。
2018080404d

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ReLIFE

2016年7月期のアニメの感想。一本目は「ReLIFE」。
最初、オリジナルアニメかと思ってたんだけど、しっかり原作モノだった。三ヶ月で仕事を辞めてフリーターをやっていた主人公が、リライフ研究所の実験体として、見た目だけ若返って高校生活を送ることになる、っていうお話。見た目だけ若返るってのが少し新しいかな。高校の同級生にくらべると体力や回復力は落ちている一方、酒なんかは平気で飲めちゃう。タバコも吸うけど、臭いに関する言及がないのがよくわからないところ。それにしても、27歳という主人公の年齢は十分若いと思えてしまうんだけど、高校生にくらべたら十歳も年上なんだなあ、ってのがあたりまえだけどびっくりした。あんまりこういう視点でみたことなかったんで。
話としては27歳のオジサン(!)が高校生と同級生として過ごす学園モノで、あまり突拍子もない事件は起きないんだけど、ちゃんとストーリとして進んでいって、先が気になってしまうってのが、うまいなあと思った。普通に作っちゃうと、よくある日常系アニメになっちゃうところなのに。放送分のラストあたりは大神と狩生がメインみたいになっちゃってちょっと不満だったけど、完結編ってのが別にあるらしい。そっちも気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マギ シンドバッドの冒険

2016年4月期のアニメの感想。十九本目は「マギ シンドバッドの冒険」。
前作というか本編というかわからないけど、それにあたる「マギ」がおもしろかったので、こっちも期待して見始めた。まあ、おもしろかったけど、マギほどではなかったかなあと思って、その原因はなんだろうと考えたら、モルさんがいないからだった。あー。そうだよねえ。マギ見てた時はモルジアナが大のお気に入りだったんだ。すっかり忘れていた。「シンドバッドの冒険」はプロローグがやっと終わったところで、終了しているけど、モルさんに匹敵するキャラはいないなあ。いまのところシンドバッドだけでもっているみたいな話になっている。キャラ性能がよすぎるのも考えもんだよなあ。ところで、これ、第二部とか作らないのかねえ。このまま放置ってのはあんまりなような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふらいんぐうぃっち

2016年4月期のアニメの感想。十七本目は「ふらいんぐうぃっち」。
魔女の修行のため青森に引っ越してきた女の子が主人公の話。原作は「別冊少年マガジン」連載らしい。最近の「別冊少年マガジン」って、こんなまんが載せてるのか。なんかイメージと違う。
一応、修行のためっていう名目はあるものの、全部見てもどこが修行なのかさっぱりわからない。家を出るっていっても旧知のひとの家で居候やってるだけだもんなあ。しかも、あとから姉までころがりこんでくるし。いったいどのあたりが修行なんだか。とかいう、名目に対する不満はあるものの、そういうのを取っ払ってしまえば、青森でまったり過ごす日常アニメとしてはけっこうアリなんじゃなかろうか。毎回わりと楽しく見ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平坂読「妹さえいればいい。 7」

表紙イラストって誰、という感じで読み始めたのだけれど、かなり重要なキャラだったのね。このキャラがらみの描写が重いせいで、伊月と那由多が付き合い始めるっていう話が吹き飛んでしまったわ。こっちはこっちでこれまでのストーリからすると重要な転換点のはずなのに。これがいいことなのか悪いことなのかは、この先どうなるかによるかなあ。一応最初から考えていたエピソードなんだろうなあとは思うものの、唐突感もぬぐえなくって、ただ単に伊月と那由多に対する「リア充爆発しろ」的な反応を抑えるだけの重しかもしれんなあと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧