坂本ですが?

2016年4月期のアニメの感想。十二本目は「坂本ですが?」。
原作の評判は気になっていたものの、そのまま読まずにずるずるいっていたらアニメ化されたといういつものパターン。評判どおりのバカらしい話で、こんなノリで何話も続けられるのかなあと思っていたら、ラストあたりではちょっとシリアスになってしまった。最後までバカらしい話でまとめてくれたらたいしたもんだったんだけどなあ。それにしても、最後の転校の理由は何なんだろう。実は、坂本は学校の座敷童みたいなオカルトがかった存在で、あちこちの学校に出没するとかだったら、何か納得できるんだけど。いや、だっていろいろ常人離れしすぎでしょ、坂本クン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸戸史明「冴えない彼女の育てかた 13」

本編最終巻。おもしろかったには違いないが、シリーズ半ばくらいまでとくらべると、熱気が薄れたなあという印象。キャラクターでいえば、シリーズ当初から加藤推しでいたけれど、彼女の魅力が映えるのは英梨々と詩羽があってこそだったんだなあと認識してしまった。同人ソフト制作もこのふたりがいるほうが、競い合っている感が強くて、ハラハラできたし。あれにくらべると、この巻のマスターアップ間近の描写は、妙に安心して見られちゃうんだよなあ。キャラクターの魅力で引っ張ってきたお話が、ストーリのためにキャラクターのバランスをくずしたことで、索引力がなくなってしまったといったところか。個別ルートに入るまでは面白かったんだけどなあ、っていうゲームみたいな感想になってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さがら総「変態王子と笑わない猫。 12」

最終巻。とはいっても、実質的には11巻で話は終わっているので、まるまる一冊エピローグといったところ。ものすご~く単純にいってしまえば、記憶を保持しているがために、以前と同じようにしたいと思ってしまう筒隠を前に向かせる話。物語的というか人生論的には、それが正しいんだけど、月子ちゃんの気持ちもわかるから、単なるハッピーエンドじゃなくて、そこはかとなくビターな読後感もある。あの変態さんのお話が、こんなにじんわりとくるような終わり方をするとはねえ。最後まで読んでよかった。読後感はそうなんだけど、やっていることは本編と似たり寄ったりの変態さってのが何とも。猫神に建前を取られちゃったから変態化したっていう設定、どこへやった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 竜ヶ岳(1,099m)

竜ヶ岳にシロヤシオを見に行った。今回は遠足尾根を登り金山尾根を下るコースにした。前回来た時は、遠足尾根を降りるのが結構しんどかったように思う。このあたりはひとそれぞれだとは思うが、急な下りよりは急な登りの方がありがたい。
20180512aというわけで、杉林の急登をぐいぐい、じゃないな、えっちらおっちら登っていき、あー、ちょっと緩やかになった~、あー、また急になったみたいなことを繰り返しつつ、竜ヶ岳の高原部までたどり着く。このあたりでも登ったり下りたりはあるが、ほぼ一面の笹原のあちこちにシロヤシオとそれ以外の木々が点在する開けた明るい登山道になる。お目当てのシロヤシオはちょうど満開。あちこちに白い塊のように花を満載した樹がぽこぽこと生えている。これはなかなかおもしろい光景だなあ。白なので派手さはないけれど、なんか和む~。そんな風景を眺めながら、何回かのアップダウンを繰り返し、竜ヶ岳山頂に到着。山頂部は広く、陽気もいいので昼寝をしているひとが多い。こんなに昼寝だらけの山頂もちょっと珍しいかもしれない。
下りは初めて通る金山尾根。こちらは杉が植林されていた遠足尾根とは異なり、ほぼ自然林。傾斜もあちらよりもなだらかで歩きやすい。下りはこっちが正解だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤石赫々「武に身を捧げて百と余年。エルフでやり直す武者修行 7」

前の巻でガルトに完敗し、この巻では師匠の墓参りと武者修行の旅に出ることになる。武者修行といっても、主人公たちの力量を考えれば、そんな強い相手がぞろぞろ出てくるとは思えないなあと思ったら、案の定という展開。ところが最後に師匠の墓を訪ねたことで、師匠の孫コウタロウがガルトに負け、「昏い色の結晶」を埋め込まれてしまったことを知る。怪物に変わってしまうことを恐れたコウタロウは洞窟に籠り、自分を殺してくれる者を待っているという。コウタロウの望みをかなえるため、彼と立ち会うことになった主人公だが、シジマ流としてはガルト以上の実力を持つコウタロウを倒すことができるのか。ってな感じの話。武者修行の果てに到達した「昏い色の結晶」対策のとっかかりが示される話になっていて、この後のストーリ展開につなげる結節点のような巻だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七条剛「うちの居候が世界を掌握している! 16」

最終巻。きちんと終わっているんだけど、きれいにまとまり過ぎたなあ、って感じがなきにしもあらず。中三になった優希がどうも幼いままだなあとか思っていたら、ちゃんとオチにつなげてるし。きっと、ストーリをきっちりと作り上げるタイプの作家さんなんだろう。科学的な考証とかはよくわからんけど。ほかにストーリ以外といえば、キャラか。この作品に限ったことなのかもしれないが、主人公の泰然自若さがすごい。この巻の前までは、どうせなんとかなるだろう的な余裕の表れなのかなあと思えなくもなかったけど、この巻では地球の危機に直面しながら、平気で高校受験なんてしてるもんなあ。ここまでくると、これはある種の欠落としか思えない。いろいろな家族の形がある、みたいにまとめているけど、主人公の母親もかなりおかしいし。このあたりは笠取家の家風というしか。たぶん父親もかなり変なひとだったに違いないと思えてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 舟伏山(1,040m)

20180421a舟伏山にイワザクラを見に行った。ここは三年前に行ってみたはいいが、イワザクラが咲いている側の登山道が閉鎖されていて、逆側のルートから頂上まで登ってすごすごと帰ってきた。今回はそのリベンジといったところ。閉鎖されていた東回りの登山道は、地滑りでも起こしたかのようになっていて、倒木が散乱した斜面に細い登山道が通っているだけ。斜度も結構きついので滑落しないように慎重に登っていく。
20180421b途中から林に入り、そこから先はわりと普通の登山道。今日は暑い日だったが木陰に入って風が吹くとちょうどいいぐらいの涼しさになる。桜峠、みのわ平と登っていくと、水たまりと呼ばれるなんだかわからないところがあったので少しわき道に入って覗いてみたが、やっぱりよくわからない。露岩があるのでイワザクラでも咲いているのかなあと思ったのだが、そうでもないらしい。登山道に戻ってそこから少し登ったところの露岩にイワザクラを発見。時季的には少し遅かったようで萎れかかっている。まあ。でも見られたからよしとしよう。三年ぶりのリベンジ達成である。あとは、頂上まで登って昼食。お昼前だっので空いていたが、食べている間にどんどんひとが増える。とはいえ、この山の頂上部は広いからどうってことはないんだけどね。
20180421c帰りは小舟伏山経由で西ルートを下る。山頂部にはところどころに咲き残りのカタクリも見られる。少し下るとフデリンドウが多いエリアがある。さらに下ると植林された林になって、沢まで単調な下りが続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲鉄城のカバネリ

2016年4月期のアニメの感想。九本目は「甲鉄城のカバネリ」。
時代劇とスチームパンクとゾンビが混ざり合ったような作品。キャラクタ原案は美樹本晴彦で、名前を聞くといまさらだよなあと思ってしまうのだが、動いている絵はなかなかよい。スチームパンクにしたって、かなり古いムーブメントなのによく生き残ってるよなあ。この作品に限らずだけど。そんな感じで、なんか目新しさのない題材を組み合わせて、そこに王道的ストーリを乗っけてるんだけど、これが意外なほど古さを感じさせない出来上がりになっている。こうしてみると、アニメの新しさってキャラクタデザインやら題材やらストーリやらとはあまり関係ないところにあるんだなあ。
一方、気になったのはキャラクタの掘り下げが足らないこと。主人公はともかく、兄様がどうしてああなったか、がいまひとつわからない。もともと、ああいう性格だったのが、討幕っていう口実を得て表面化したのか。それにしたって、どうしてあんなに慕われているのかが謎。無名もよくわからないんだよなあ。菖蒲様とかお供の侍はわかりやすいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田良悟「Fate/strange Fake 4」

何だかよくわからないことも多いけど、勢いで読まされちゃう、っていういつもの成田良悟なんだけど、元ネタが外部にあるだけに、他の作品よりも「何だかよくわからない」成分が多い。元ネタ知っているひとはともかく、そうでないひとは、消化不良はいつものこと、ぐらいのつもりで読んでるんじゃないかなあ。KONKONもそうだし。元ネタ追っかけるほどハマるひとなんてそう多くはないんじゃないかと思う。さすがに今からFateシリーズ追っかけるのは苦しいよ。消化不良とわかっていても、楽しめてしまうってのが前提で、そうでなければ読まれなくなってしまう、って考えてみれば結構綱渡り的なことやってるよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロムクロ

2016年4月期のアニメの感想。八本目は「クロムクロ」。タイトルの語感から「キルラキル」みたいな話なんじゃないかという先入観を持ったが、全く違っていた。最近では珍しい、異星人侵略モノのロボットアニメ。主人公が冷凍睡眠(?)されていた侍、ってのもあんまりないかも。正直、刀を振り回したり、それっぽい口調で話したりというところ以外はあまり侍っぽくないけど。まあ、侍が現代で暮らしてテクノロジーや考え方の違いなんかにいちいち驚く、みたいな話は小ネタ扱いなんで、そんなところにこだわってもしかたがないか。
メインは正体不明の侵略者との戦いってことになるが、その侵略の過去における痕跡を調べていたのが、ヒロインの父。このヒロインと主人公が出会い、主人公がかつての主筋の姫を見間違うところからストーリが始まる。ロボットアニメというだけでなく、ちょっと伝奇っぽい色合いも入ってきているわけだ。ちなみにオープニングは、戦国時代っぽいものになっていて、一話では本編とのギャップにとまどった覚えがある。
ロボットアニメとして見ると、主人公メカがアーティファクトと呼ばれる遺物であることから、パワーアップとかしないんだろうなあと思っていたら、意外なところからスクランダークロス的な展開があって、びっくりしたりもした。敵のロボットも主人公メカと同一テクノロジーの産物なので、あまり敵っぽくないなあとか、そういう不満はあるものの。形態や武装の違いがあって結構楽しめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧