2018年8月20日 継子岳(2,858m)

チャオ御岳のゴンドラがグリーンシーズンの営業を再開したと知って、ひさしぶりに継子岳に登りに行った。ところが、このゴンドラの営業時間が曲者。事前に調べていかなかったのが悪いんだけど、登りの始発が10:30、下りの最終が15:00。つまり実質4時間ちょいしか、登山の時間がないということになる。急げば何とかなりそうなんだけど、大丈夫かなあ。でも、下りは日和田口登山道を使えば途中からチャオに分岐するルートもあるみたいだし。ということで、意を決して登ることにする。
山頂駅を10:40に出発し、自然探勝路とは名ばかりの実質、登山道を行く。日和田口登山道との合流地点、継子岳登山口到着が11:30。ここまではまあ想定どおり。ここから森林限界という名目の「木無し」まで30分。前に来た時はもう少し近かったような気がするが記憶違いだったらしい。木無しから、継子岳山頂までが60分。つまりはここで13:00ということ。想定より少し多い。大急ぎで昼食を摂って、あわてて下山。途中、コマクサの群生を見つけたり、雷鳥っぽい姿を見かけたりしたが、じっくり観察する時間もなくひたすら急いで、山頂駅に着いたのが、14:50。なんとか間に合った~。
これはこれでおもしろかったけど、もっとゆっくりしたいのが正直なところ。ゴンドラの営業開始をもう1時間ぐらい早くしてくれるとありがたいんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月4日 西穂独標(2,701m)

西穂高の独標に行ってきた。ここは以前行ったときにはガスで何も見えなかったので、そのうちまた行こうかと思っていた。ただ、問題があって、あいかわらず岩場が苦手なこと。前に行った時にもかなり怖い思いをしながら登った。あれからずいぶんと時が流れて、少しくらいは岩場に慣れてきたんだろうから大丈夫じゃないかなあと楽観していたのだが、結論からいうとやっぱり怖かった。ひとが多くて、一気に登れなかったのも怖さの原因ではあるが、やっぱりこういうのが怖いっていう感覚が抜けないんだろうなあ。場数を踏めば何とかなるかもしれないけど、好き好んで苦手なところにはいかないしなあ。
ただ、天気はよくて、独標からの眺めを楽しむことはできた。西穂高のピラミッドピークが眼前に聳え、多くの登山者がチャレンジしている。KONKONはといえば、独標から西穂高方面への下りルートを見て、こんなの無理無理っていうレベルだったが。例によって写真をいくつか。
西穂山荘と焼岳。
20180804a
笠ヶ岳。
20180804b
独標とピラミッドピーク。
20180804c
霞沢岳と上高地。
2018080404d

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ReLIFE

2016年7月期のアニメの感想。一本目は「ReLIFE」。
最初、オリジナルアニメかと思ってたんだけど、しっかり原作モノだった。三ヶ月で仕事を辞めてフリーターをやっていた主人公が、リライフ研究所の実験体として、見た目だけ若返って高校生活を送ることになる、っていうお話。見た目だけ若返るってのが少し新しいかな。高校の同級生にくらべると体力や回復力は落ちている一方、酒なんかは平気で飲めちゃう。タバコも吸うけど、臭いに関する言及がないのがよくわからないところ。それにしても、27歳という主人公の年齢は十分若いと思えてしまうんだけど、高校生にくらべたら十歳も年上なんだなあ、ってのがあたりまえだけどびっくりした。あんまりこういう視点でみたことなかったんで。
話としては27歳のオジサン(!)が高校生と同級生として過ごす学園モノで、あまり突拍子もない事件は起きないんだけど、ちゃんとストーリとして進んでいって、先が気になってしまうってのが、うまいなあと思った。普通に作っちゃうと、よくある日常系アニメになっちゃうところなのに。放送分のラストあたりは大神と狩生がメインみたいになっちゃってちょっと不満だったけど、完結編ってのが別にあるらしい。そっちも気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マギ シンドバッドの冒険

2016年4月期のアニメの感想。十九本目は「マギ シンドバッドの冒険」。
前作というか本編というかわからないけど、それにあたる「マギ」がおもしろかったので、こっちも期待して見始めた。まあ、おもしろかったけど、マギほどではなかったかなあと思って、その原因はなんだろうと考えたら、モルさんがいないからだった。あー。そうだよねえ。マギ見てた時はモルジアナが大のお気に入りだったんだ。すっかり忘れていた。「シンドバッドの冒険」はプロローグがやっと終わったところで、終了しているけど、モルさんに匹敵するキャラはいないなあ。いまのところシンドバッドだけでもっているみたいな話になっている。キャラ性能がよすぎるのも考えもんだよなあ。ところで、これ、第二部とか作らないのかねえ。このまま放置ってのはあんまりなような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふらいんぐうぃっち

2016年4月期のアニメの感想。十七本目は「ふらいんぐうぃっち」。
魔女の修行のため青森に引っ越してきた女の子が主人公の話。原作は「別冊少年マガジン」連載らしい。最近の「別冊少年マガジン」って、こんなまんが載せてるのか。なんかイメージと違う。
一応、修行のためっていう名目はあるものの、全部見てもどこが修行なのかさっぱりわからない。家を出るっていっても旧知のひとの家で居候やってるだけだもんなあ。しかも、あとから姉までころがりこんでくるし。いったいどのあたりが修行なんだか。とかいう、名目に対する不満はあるものの、そういうのを取っ払ってしまえば、青森でまったり過ごす日常アニメとしてはけっこうアリなんじゃなかろうか。毎回わりと楽しく見ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平坂読「妹さえいればいい。 7」

表紙イラストって誰、という感じで読み始めたのだけれど、かなり重要なキャラだったのね。このキャラがらみの描写が重いせいで、伊月と那由多が付き合い始めるっていう話が吹き飛んでしまったわ。こっちはこっちでこれまでのストーリからすると重要な転換点のはずなのに。これがいいことなのか悪いことなのかは、この先どうなるかによるかなあ。一応最初から考えていたエピソードなんだろうなあとは思うものの、唐突感もぬぐえなくって、ただ単に伊月と那由多に対する「リア充爆発しろ」的な反応を抑えるだけの重しかもしれんなあと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴木大輔「文句の付けようがないラブコメ 7」

前の巻がああいう終わり方をしたので、どう話が続くのかと思ったら、あれはあれで話が終わっていて、この巻はエピローグ集みたいなもんだった。確かにあの後普通に話が続いていったら、蛇足感がすごそうだもんな。これはこれでよかったような気がする。それにしても、これだけサブヒロインの話を並べても、セカイのメインヒロイン感がゆるがない、ってのもすごいよなあ。それだけ、このシリーズが積み重ねてきたものが重いってことだよなあ。これを以て「文句の付けようがないラブコメ」といい切ってしまうのはどうかと思うけど、ここまで変則的な話なのにラブ成分は文句なくあったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐島勤「魔法科高校の劣等生(21) 動乱の序章編〈上〉」

サブタイトルのとおりで、序章なんだろうなあ。何かが起きそうな種が蒔かれていて、次以降にどう発展していくのかというところ。退屈っていえば、退屈かな。戦略級魔法が多用されるようになるかもしれない、っていう世界規模の話と、新たに登場した三矢詩奈、矢車侍郎と何やらよからぬことを企んでいそううな遠山つかさの話、十師族、師補十八家の若手たちの会議で孤立しそうな主人公の話がどうからんでいくのかよくわからない、っていうところも退屈さを感じさせるもとになっている。今のところバラバラに見えるこれらの話が、下巻やそれ以降でうまくからんでいけば、きっとおもしろくなるんだろうけどなあ。さて、どうなるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイスクール・フリート

2016年4月期のアニメの感想。十五本目は「ハイスクール・フリート」。
放映時には正式名称が「はいふり」だと思われていて、「けいおん」みたいな話かと思っていたら、「ガルパン」と「艦これ」が混ざったようなアニメだったという。さすがに、2年前のことなので、そのあたりはわかった上で見始めたんだけど、こういう仕掛けがあると、リアルタイムで見といたほうがよかったのかという気にもなる。
ブルーマーメイドっていう海軍だか海上保安庁だかいまいちよくわからない組織の養成学校で、少女たちが旧帝国海軍の軍艦を練習艦として演習航海に乗り出すところから話が始まる。といってもすぐに、実戦に巻き込まれて演習どころじゃなくなるのはお約束といったところか。設定はいろいろあるみたいなんだけど、やってることは航空機なしの海戦だね。航空機があると話が成り立たなさそうなので、ストーリありきの設定なんだろうけど、そこはそういうもんとして受け取っておこう。主人公たちの乗艦「晴風」のメンバーの多士済々ぶりを眺めながら、そこそこシリアスな海戦も見られて、わりと楽しめた。それにしても、練習艦に武蔵なんて、この世界の日本はお金持ちなんだねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドレッド

2016年4月期のアニメの感想。十四本目は「ハンドレッド」。
これは原作の存在も知らずに見始めたのだが、一見してこれはライトノベル原作に違いないと思えるようなラノベ感覚あふれる作品だった。実際にライトノベルが原作だったので、その感じ方は間違いではなかったんだけど、よくもまあ、ここまでなんのひねりもない作品が出来たものだなあと感心してしまった。あ、エミールがエミリアだったってのは一応ひねってあるのか。男装した少女、と思わせて実は男の娘、いやいや、そんなわけないよなあ、みたいな。クレア様派のKONKONとしてはどっちでもいいんだけどね。サクラとカレンは、まあ、そうねえ。もっとステージシーンを格好よくしてくれなきゃ、どうしようもないかな。なんであそこまで、盛り上がらなそうに作れてしまうのか。作画の工数を減らそうとしているんだろうなあとは想像つくけれど、それならそうで、もうちょっと工夫をしてくれてもいいんじゃないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧