今年の梅は

20240302aそういえばそろそろ梅の季節だなと思い立って、安八の百梅園に行ってみた。愛知県側は曇りがちな天気ってレベルだったんだけど木曽川を渡ったら雪がちらつきだした。このまま雪の降りが増して来たらどうしようと心配したけれど百梅園でもちらつく程度。でも寒いので急ぎ足で見て回った。今回のお供はNEX-6とアダプタをかましたMicro-NIKKOR 55mm f2.8。寒くて指もかじかんでしまうような環境な上にひさしぶりのマニュアル撮影でとまどったけれど、なんか楽しかった。背面の液晶を見ながらだいたいこんなもんかとあたりをつけながら撮っていたのであまりお見せできるような写真は撮れなかったけれど、リングをグリグリしてピントを合わせるってのは独特の楽しさがある。梅の花そのものは時期はちょうどいいはずなのに全体的に花の着きが悪くなっているように思う。うまく管理できていないんじゃないのかなあと心配になった。

| | コメント (0)

2024年1月28日 御神渡りの観測を見学して朝御饌に臨む

諏訪旅行の二日目はホテルのツアーで御神渡りの神事の見学に行った。まずは諏訪湖湖畔に行って八剱神社の宮司さんや氏子総代さんたちが行っている結氷の観測を見学する。気温はマイナス7度ということだったが全面結氷には至らなかった。沖合からの小波で氷が擦れてキイキイと鳴っている。この観測は約580年前から続いているということでその記録は世界的に見ても大変貴重とのこと。ここ数年は御神渡りがない状態が続いているらしい。まだ立春までは一週間ほどあるので望みはあるんだろうけど、どうなるんだろ。
いったんホテルに戻り朝食を摂った後、八剱神社の朝御饌に参加した。といってもただ見ているだけのようなものだけど。神事の後に宮司さんからお話があり、誇りをもってこの神事に臨んでいることが伺われる内容だった。あんまり地元愛がないKONKONにとってはうらやましいような気分になった。
ホテルをチェックアウトした後は、諏訪大社上社に参拝して、その近くのお店でおしなそばなるものをなるものを食した。知らなかったのだが諏訪の郷土料理みたいなものらしい。簡単にいえばおろしそばに焼き味噌をトッピングしたようなもの。味噌味のそばなんて初めて食べたが意外といける。

| | コメント (0)

2024年1月27日 諏訪でまぞくころしに遭遇する

ちょっと温泉にでもつかりに行こうということで、諏訪に出かけた。一日目は宿にクルマを置いて諏訪五蔵めぐりに行った。上諏訪駅から歩いて、真澄の宮坂醸造まで行ってそこから宿に帰るというルートである。まず一軒目、舞姫に入って、んっ。となった。なぜシャミ子がこんなところに。シャミ子の色紙とその下にはシャミ子とリリスのパッケージのお酒「信州まぞくころし」や、ごせん像っぽい徳利が描かれたケースがディスプレイしてある。お酒は四合瓶で5,000円超という高価なもので悩んだ末に買うのはあきらめたけど、変なテンションになってしまった。しかし、こんなところにコラボ製品が出ているとは。なんでだろうと調べたら原作の作者さんが諏訪に住んでいるとのこと(ねとらぼ)。地縁でコラボしちゃうってのも地方都市ならではだよね。ちなみに、このコラボが気に入ったというわけではなく、単純においしかったからという理由でここの「翠露 純米大吟醸 雄町 しぼりたて無濾過生原酒」っていうお酒を買って帰りましたとさ。開けるのが楽しみ~。

| | コメント (0)

2023年12月3日 継鹿尾山(273m)

Dscf2890紅葉狩りに寂光院に行ったついでに 継鹿尾山に登ってきた。記憶があやふやで断言できないんだけど、新入社員教育で寂光院に行って、半徹夜した後で登らされた山だと思う。今、調べてみたらその研修施設は老朽化のため解体されることになった由。時代の流れを感じてしまう。
寂光院の紅葉は盛りを過ぎた感じで本堂のあたりでは枯れ始めている。駐車場から千体観音堂(写真下)のあたりはまだきれい。千体観音堂から本堂までは320段の石段となっているが、全体に勾配もゆるめでそんなにきつくはない。しかし場所柄、お年寄りも多いからか、以前にはなかったスロープカーという小型のモノレールが設置されている。これに乗るには200円以上の志納が必要らしい。そのうちお世話になることもあるかもしれない。本堂から継鹿尾山までは30分とのことだったので、登ってみることにした。Dscf2894ここまでの石段の様子から考えればたいした道ではないだろうと思っていたのだが、意外なほど登山道っぽい登山道である。ウォーキングシューズではなくトレッキングシューズのほうが登りやすいんじゃないかな。

| | コメント (0)

2023年11月5日 鳥居峠(1,197m)

P1030923少し趣向を変えて中山道を歩いてみた。ルートは藪原宿→鳥居峠→奈良井宿。藪原駅前に駐車して奈良井宿まで歩き、奈良井駅から電車で帰ってくるという行程になる。藪原宿は古そうな建物が少し残ってはいるものの、わりと普通の田舎の街道といった風情。そこここにある案内にしたがって歩いていくと途中から山道に入っていく。一部、石畳みが残り往時の雰囲気を偲ばせる。とはいえ、本当に昔からの石畳みかどうかはよくしらない。用もないのにこんな手間のかかることをするとは思えないので、当時は交通量が多く重要な街道だったのだろう。山に入るとところどころで紅葉が美しく心が慰められる。昔から中山道を歩いた旅人たちも同じように感じていたのだろうか。P1030934鳥居峠の少し手前の分岐で道を間違えそうになったが、声が上から聞こえてくるのに気が付いて、道を選び直して無事鳥居峠に到着。石碑だけがあるそっけない峠だった。しかもその後少し登ったところが最高点っぽい。峠とは一体。そこから下ったところに休憩所のような建物があり、大勢のハイカーがたむろしていた。そこから奈良井宿まではほぼ一本道。砂利が滑りやすいので注意して下って行った。奈良井宿は古い町並みが残る大きな宿場町だったところで多くの観光客がぶらぶらと歩いていた。
ところでこの中山道を歩くルート、外国人に人気があるようで、出会ったハイカーの8割がたが外国人だった。しかもそのほとんどが白人である。たしかに歩いて楽しいところではあるけれど、なんでそこまで彼らに人気が出たのか謎である。

| | コメント (0)

秋の日に酔っぱらう

岐阜で秋酒祭(ZIP-FM)というのがやっているので出かけてみた。
会場は金公園。以前通りかかることはあったが記憶とまったく違う。どうやらリニューアルしたらしく何にもない広場みたいな公園になっていた。そこにテントで受付やら酒蔵の出店やら飲食用の立ち席なんかが設置されていて、なかなかにぎわっている。受付でスターターセット(お猪口と会場内で使えるコイン)を入手して、あちこちのお酒を飲み歩く。岐阜の地酒で好きな銘柄はあるものの、ほとんどは知らない銘柄。せっかくなので知らないのを飲もうとしたものの、知っている酒蔵の知らない銘柄みたいな微妙なチョイスになりがちなのは小心者故か。そんな中でも完全に初見で好きな酒にも巡り合えた。それほど好みでないものもあったが、秋の風に吹かれながら呑んでいるものだから気分は上々。目に入る光景が酔っ払いがうろうろしている姿ばかりというのはご愛敬。家呑みばかりしがちな毎日だが、たまにはこういうのもいいねえ。

| | コメント (0)

ん、au pay入れた方がいいのか

『KDDI、Starlinkを活用した「山小屋Wi-Fi」』(PC Watch)。
KDDIが山小屋でStarlinkを使ったWi-Fiを提供するというお話。例によって、トラベルWatchでもなくケータイWatchでもなくPC Watchなのは謎。
サービスの内容はよくわからないけど、普通に街中でWi-Fiにつなげるようなイメージで使えるってことなのかな。いや、実は街中でWi-Fiにつなげるのはセキュリティ面で不安があるのでやったことないんだけどさ。料金はauユーザーは無料。そのほかのユーザーは最大2時間/300円、最大24時間/600円ということなので、auユーザーってのがどの範囲かわからないけど、たぶんPivoとかは外されるんだろうなあ。auユーザーじゃなくても、リーズナブルといえる料金なので使えるとなったら使っちゃうだろうなあ。もっとも、山行中は電池の残りが気になるので、2時間であっても使い切らないと思うけれど。
KDDIのページを見ると、「au PAYの導入を促進」なんてことが書かれていて、au pay使えるようにしておいた方がいいかなあという気にさせられる。あれ。au pay使おうと思ったらその時点で「山小屋Wi-Fi」に接続しなきゃいけないのか。それはそれで困った話のような。実質、auユーザーと山小屋向けのサービスなんかね。

| | コメント (0)

リハビリ登山 天王山(537m)

新型コロナも5類になったことだし、そろそろ山登りを再開しようとリハビリを始めた。手始めに金華山に3回行ってみてこれぐらいだったら平気かなといった感じだった。その後指に怪我をしたのでしばらく中断。指がいくらかよくなってきたので、美濃の天王山に登ってみた。過去に登った時の感覚では金華山の五割り増しぐらいの体力が要るかなといったレベルの山である。大矢田神社の境内を通ってお参りしてから裏に抜けると登山が始まる。前日に雨でも降ったのか地面が濡れている。岩や木の根が多いので滑らないように細心の注意を払う。指一本具合が悪いだけでも転びそうになった時の対応力が落ちるのは間違いないし、転び方によっては治りかかった指にまたダメージを食らう可能性もある。傍から見てたら何をそんなに怖がっているんだろうと思われるような登り方だっただろう。さいわいといっていいのか、登りの間登山者の姿はひとりも見かけなかった。そんな感じで登っていたので山頂に着いたときには意外なほどの達成感があった。天王山なんて何度も登ってるんだけどなあ。天王山といえば山頂にバラックみたいな小屋が作ってあって永らく親しんでいたのだが、いつの間にか撤去されていた。
Dsc_0044_s 登ってみてどうだったかといえば、筋持久力はけっこう落ちてるように感じた。心肺機能は大丈夫そうだけど、もしかすると血液を送る力が低下しているから筋持久力に影響が出ているのかも。そのあたりはもう何度か登ってみないと何ともいえない。そろそろ高地順応力も確認したいから、今度晴れたら乗鞍あたりに行ってみるのもいいかも。と思っていたけど調べてみたら乗鞍スカイラインは通行止めになっていて今年は復旧できないらしい。あらら。

| | コメント (0)

RVパークなんてのがあるのか

『日本RV協会、車中泊施設「RVパーク」に5か所を追加認定。24時間トイレ、100V電源、入浴施設近隣など』(デジカメWatch)。
いや、なんでこれがデジカメWatchなんだよ、といつものツッコミを入れてから一読。「車中泊」って書いてあるから一般的な乗用車で車中泊するひとが気兼ねなくクルマを停められる施設なのかなあと思ったのだけれど、どうもキャンピングカーを想定しているような施設らしい。なにせRVパークの要件のひとつが「余裕のある駐車スペース(横4m×縦7m以上推奨)」となっている。これだと普通のクルマで迷い込むと場違い感がすごいような気がする。しかし、真面目な話、普通のクルマ用の車中泊サイトってないのかねえ。たぶん車中泊しているひとの大半は適当な駐車スペースに停めて寝ているんじゃないかと思っているんだけれど、それだとちょっと怖いってのもあるし、少し後ろめたさが残りそうなんだよね。そういうこと考えると、車中泊するくらいなら安いビジネスホテルでいいや、ってなっちゃう。エクストレイル乗っていたときも車中泊はしないまま終わったし。
それはともかくとして、このRVパーク、2023年6月9日時点で351件も認定されているらしい。ユースホステルの数が140程度ってことを思うと、旅行に使うには十分の数だよなあ。場違い上等で普通のクルマで使ってみるのもアリかもしれない。

| | コメント (0)

e-POWER ROADだって

『日産、「伊勢志摩スカイライン」のネーミングライツ取得 11月8日より「伊勢志摩 e-POWER ROAD」に改称』(Car Watch)。
東海地方の人間にとってツーリング、ドライブ先としてなじみ深い「伊勢志摩スカイライン」が「伊勢志摩 e-POWER ROAD」って名前に変わってしまうという。ショックというほどではないが、ちょっとびっくりした。改称を記念して、12月10日~11日の2日間、通行料が無料になるらしい。あれ、あそこって無料化してなかったっけと一瞬思ったが、よくよく考えたら無料になったのはパールロードの方だった。なんにしても、無料となると混むだろうなあ。わりといつも空いているイメージがあるけど、この日ばかりはダメかもしれん。
しかし、このネーミングライツっていつまでの話なんだろう。日産がいつまでe-POWERを売りにするのか、ってことなんだけど。完全電動化はまだ先としても、ハイブリッドはe-POWERで押し通すつもりなんだろうか。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧