終末のイゼッタ

2016年10月期のアニメの感想。十一本目は「終末のイゼッタ」。
「終末の」といわれたら続くのは「過ごし方」だろうと思ってしまったが、あれってもう二十年も前のゲームなんだ。歳取るわけだわあ。
それはともかく、終末のイゼッタである。これは第二次世界大戦下のヨーロッパ風世界で魔女が活躍する話になっている。この世界でも魔女という存在は架空のものだと思われていたが、ゲルマニアに捕らえられて搬送されていたイゼッタと、ゲルマニアに攻められている小国、エイルシュタット公国の公女フィーネが出会うところから物語は始まる。子供の頃にフィーネに命を助けられたイゼッタは、エイルシュタット公国をゲルマニアから救うため禁忌とされた魔女の力を振るうことを決意する。一方、ゲルマニアでは、魔女の伝説について調べていおり、その力を手に入れようとしていた。といった感じで、戦乱のヨーロッパと魔女の伝説が絡み合って物語が進んでいく。お話てしてはわりとありふれた感じなんだけど、イゼッタのあり方を肯定的に捉えられないひとにとっては、あまり面白くないんじゃないかなあと、見ながら思った。時代背景を考えれば、アリだと思うんだけどね。

| | コメント (0)

競女!!!!!!!!

2016年10月期のアニメの感想。十本目は「競女!!!!!!!!」。
すげえ色物くさいと思って見始めたが、意外にも普通に楽しめた。競技がアレだっり、技がアレだったりするわけだが、山田風太郎の忍法帖に慣れ親しんだ日本人にとってはどうってことはない。競女というスポーツで明るい忍法帖をやっている、ぐらいなもんである。そうやって、キワモノ的なところを飲み込んでしまえば、中身は普通のスポ根モノである。底辺から這い上がったり、特訓をしたり、父と娘の確執もあったりと、ちゃんとこのジャンルの定石は押さえてある。定石だけあって、きちんと楽しませてくれる。あまり期待していなかった分、余計に面白く感じただけなのかもしれないけど。

| | コメント (0)

響け! ユーフォニアム2

2016年10月期のアニメの感想。九本目は「響け! ユーフォニアム2」。
一期がよかったので、楽しみにしてた。途中から、主人公が久美子から黄前ちゃんになっちゃった感はあったものの、それはそれで悪くないかな。あすか先輩、きれいだし。って、もしかするとこの主人公ってただの面食いなのか。美人としかつるまないぜ、とか。オープニングの最後のあたりで、あすかと久美子が笑っているショットがあるんだけど、ああいうシーンってなかったよなあ。なんか最後の方の久美子って泣いてばかりで。オープニングといえば、最初はモノクロで始まっていつの間にかカラーになるっていう作りだったんだけど、どこからカラーになるんだろうって一所懸命見てるのにいつカラーになったかわからなかったんだよなあ。あれはどういうことなんだろう。単に注意力がないだけなのか。そうこうするうちに最初からカラーになってしまったので、考察を中止した。

| | コメント (0)

装神少女まとい

2016年10月期のアニメの感想。八本目は「装神少女まとい」。
纏創とかなんとかいってるけど、要するに魔法少女モノだね。このジャンルはキワモノというか作家性を発揮しちゃってるのが多くて、本来の魔法少女モノってどうものだったんだろうと考えこみそうになることも多いが、この作品はかなり正統に近い出来である。ゆまちんがおちゃらけた雰囲気を出しているものの、あくまでにぎやかしのレベルで、後半になって話が佳境に入ってくるとちゃんと世界の脅威と戦う魔法少女らしい姿を見せてくれる。忘れちゃならないのが、まといの父親の「伸吾くん」。正直、最終話あたりではまといよりも伸吾くんに感情移入しちゃって、絶対幸せになってくれよ~、とか思いながら見てた。エンディングも最近珍しい大団円。いやあ、ハッピーエンドってやっぱりいいよね。

| | コメント (0)

夏目友人帳 伍

2016年10月期のアニメの感想。七本目は「夏目友人帳 伍」。
毎シーズン安定したクォリティで安心して見ていられる。今シーズンは、祓い屋がらみの話と、主人公の家族や級友たちの話がメインになっていて、妖怪そのものをメインとした話は少ない。主人公がこの世界の人々に馴染んできたことがそのままストーリにつながっているようだ。前半に祓い屋のエピソードが多かったので、そっち方面の話に流れていくのかと思ったら、いつの間にか塔子さんの話が多くなって、という具合に、本筋はどこなんだろうと思わないでもないが、そういうのもこの作品らしさかもしれないなあと思ったり。

| | コメント (0)

WWW.WORKING!!

2016年10月期のアニメの感想。六本目は「WWW.WORKING!!」。
「WORKING!!」の続編かと思ったら、WEB版らしい。しかも、WEB版が先行作品だというのは、さっきWikiで読んで知ったのだが、ややこしいなあ。ということで、登場キャラはまったく別。店舗も別らしいのだが、このファミレスチェーン、どこにいってもろくなバイトいないんじゃないかと思わないでもない。見始めた時は、なんだ別の話なのかとがっかりしたのだが、見続けているとこれはこれでおもしろいじゃんと思うようになり、最終話の録画をし損ねていることに気が付いて、やっぱりがっかりしてしまった。最後のはこっちが悪いので文句をいう筋合いはないんだけど。オープニングとエンディングは単体では悪くないんだけど、作品の雰囲気とあんまり合ってないように思えたのが、残念。

| | コメント (0)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第二期

2016年10月期のアニメの感想。五本目は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第二期」。
第一期が好きだったので、期待して見始めたものの、見終わってみればなんだかずいぶんと後味が悪い話になってしまっていた。キャラがバタバタ死んでいくという点では少し前に見終わった「魔法少女育成計画」と似たようなところはあるが、あっちは救われない話で、こっちはまだ救いが残る終わり方だったのに、こっちのほうが後味が悪いのはどういうわけだ。敵のボスがのうのうと生きているからっていうわけではなく、名瀬の死あたりから、キャラが生きようとしなくなってしまったからじゃないかと思っている。それまで一所懸命生きるために戦ってきたキャラたちなんだから、みっともなくてももっと生きようとしてほしかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステラのまほう

2016年10月期のアニメの感想。四本目は「ステラのまほう」。
今気が付いたんだけど、これの舞台って女子校だったっけ。男キャラが出てきた記憶がない。だいたい、ゲーム作る部活というか同好会だったら、男もいそうなもんだよなあ。見終わるまでまったく違和感がなかった。なんかそういうもんなんだろうくらいに思わされていたわ。もしかして洗脳されてる。
という話はともかくとして、これもきららっぽい話ではあるなあ。主人公のたまちゃんがお父さん大好き少女ってのは、読者層受けよさそうだし。でも、この主人公をはじめとした面々がだらだら過ごすのかと思いきや、ちゃんとゲーム作って、即売会に出品するというお話になっているところが、他のきらら系とはちょっと違うなあと。こういういうふうにいろいろ葛藤がありつつも目標に向かって頑張りました、みたいな話もいいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SHOW BY ROCK!!#

2016年10月期のアニメの感想。三本目は「SHOW BY ROCK!!#」。
一期も好きだったので楽しみにしていたのだが、二期もあいかわらずいい感じである。このシリーズの何がいいって、サブキャラが豊富でみんなキャラが立っていること。「#」で登場したのは、アルカレアファクトとバッドヴァージンロジックの2バンドだが、一期からのキャラに負けないぐらい存在感がある。もちろん、一期からのシンガンクリムゾンズや徒然なる操り霧幻庵も健在である。やっぱりダル大夫は素敵だなあと思っちゃうし。それはともかく、キャラはまあいいとして、バンド名のネーミングセンスはどうかと思う。
あ、主人公たちのバンド、プラズマジカもいい。オープニングの楽し気な様子なんかはスキップするのが惜しくて、毎回そのまま再生してしまった。裏主人公というべき、レトリーもちょっとほかのキャラとのからみが出てきたりして、成長してるのもうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法少女育成計画

2016年10月期のアニメの感想。二本目は「魔法少女育成計画」。
原作を読んだことがあるのだが、あらすじも登場人物もすっかり忘れていて、もしかしたら、続編がアニメ化されたのかなあと思っていたら、読んだ本そのものだったという。むー。こんなにダークな話なのにそこまで印象薄かったのか。当然結末も覚えていなくって、最後までどういう終わり方になるんだろうと考えながら見ていた。いや、どうしたって、ハッピーエンドにはならないと思っていたし、かといって皆殺しエンドみたいなとこまではいかないだろうと。どのあたりに落としどころがあるのかなあ、みたいな感じで。一応それなりの終わり方はしたけれど、そこまでのストーリを思い起こすと、やっぱり救いようのない話だったな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧