Googleのメールアカウントに入れなくなった

Googleから「Google アカウントで見つかった 1 件のセキュリティの問題を解決してください」っていうメールが来たので、セキュリティ診断をやってみたら、今度は「ロックされたログインについてご確認ください」なんてメールが来た。
セキュリティを強化した結果、ログインできなくなったアプリがあるってことなんだろうなあ。スマホのアプリなんか勝手にアカウントにログインしてるのありそうだから、仕方ないね、ぐらいに思っていたら、実はThunderbirdからメールを読みに行ったときに蹴られていたという。パスワードを要求されたので入れてみてもやっぱりダメだし。そもそもスマホからや、Googleのサイトからはログインできているんだから、パスワードの問題ではなさそうだしなあ。と、いろいろ調べてみたら、どうもPOPサーバーはダメってことらしい。ちょっとわかりにくいんじゃないかなあ。いきなりメール読めなくなったら、あせるだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EACが動かなくなる

そういえば最近、音楽CD買ってないなあということに気が付いたら、意味もなく注文してみたくなった。気が付いたら、5パッケージ分の未開封CDが手元にあるわけだが、まずこれを聞くにはリッピングしなければならない。ということで、ひさしぶりにExact Audio Copyを立ち上げたら、ずいぶんとバージョンが古かったので、最新バージョンに差し替えてから、リッピングを開始した。それまではよかったのだが、一度作業を中断してEACを落としたら、二度と立ち上がらなくなってしまった。初期設定面倒くさいからイヤだなあと思いつつ、アンインストール、再インストールもやってみたのだが、やっぱりダメ。ネットで情報を探してみると、CDDB.sdfっていうデータベースファイルが破損しているのが原因らしい。アプリをアンインストールしても、CDDB.sdfは残っているため、再インストールでも治らないと。たしかに、これ削除したら起動するようにはなったけど、また設定やり直しかあ。続きは明日やろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全世界OSシェア、AndroidがWindowsを抜きトップに

新聞にも載っていたけど、ここはPC Wacthの記事で。
インターネット上で利用されているOSの調査ってことが書いてあって、それだったらそんなもんだろうなあと。ところがその後に、「Windwosが1980年代からトップを維持していた」と書いてあって、いやいや、それはさすがにないわあ。それって、Windows3.0以前の時代でしょう。インターネットにつながっていたとはとても思えない。もしその頃からWindowsでインターネットにつなげていたとしても、ごく限られた世界の話じゃないかなあ。PC専門メディアなのに、そのあたりへの言及がないってのは、なんだかなあと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ryzen 7 1800Xレビュー

Ryzen 7 1800Xのレビュー記事があちこち(4Gamer.net)(PC Watch)に載っている。
AMDがいうとおり、これはなかなかの優れものらしい。メモリ周りが遅いのが、最適化が進んでいないのか、このCPU自体の欠点なのかを見極める必要はあるけれど、演算性能はかなり高く、同クラスに位置付けられると思われるi7-6900Kに勝るとも劣らない。となれば、同価格帯で比べれば圧倒的にRyzenが速いということになる。これでintelが高価格帯のCPUを安くしてくれたらおもしろくなるんだけとなあ。そんなの待ってないで、Ryzenに走っちゃうのも幸せそうだしなあ。こういうレベルでCPUの選択に悩むのってひさしぶりな気がする。やっぱり、intelとAMDは競い合わなきゃおもしろくないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ryzen 7

AMDが次世代CPU「Ryzen 7」ファミリを3月2日から発売(PC Watch)。
素人視点で見るとほとんど進化が止まってしまったCPUだけど、AMDが新設計のCPUを投入するらしい。AMDの発表を信じるなら、Core i7シリーズよりもコストパフォーマンスは高いらしい。ここ最近のAMDは、intelの下位CPUとならいい勝負をするが、Core i7なんかにはまったく歯が立たなかったから、ひさしぶりに性能で勝負できるCPUに仕上がったということになる。しかも価格が安いとなれば、自作erの血が騒ぐというもの。今のところ、AMDの発表だけなのでなとんもいえないけど、あちこちでレビューが出始めたら、まずはチェックだな。このところ、PC趣味からは遠ざかっていたけれど、ひさびさに一台組むことになるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Androidスマホの中国製ファームウェアにバックドア

Androidスマホの中国製ファームウェアにバックドア、中国サーバーに情報を送信(PC Watch)。
HuaweiやZTEもこのファームウェアを使っていて、出荷数は7億台にも上るという。まあ、こういうこともあるわなあと思って、中国製を避けていたのは正解だったらしい。記事中には、うっかり実装。とあって、もともとつけるはずのない機能を付けてしまったらしいということなのだが、額面通りに受け取る人がいるのかねえ。データを収集しているんだから、想定よりも多くのデータが集まっていれば、すぐに気付くはずでしょ。もっとも、この手のことをやっているのが中国だけだとは思えないところが怖いところなんだけど。いまさら、ネットでつながらない生活なんて無理だしなあ。比較的安全と思える方を選ぶしかないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネタがないので。その2

ネタがないので。2回目は窓の杜
インターネットが使えるようになってからのわりと早い時期に出来たサイトなので、昔はよく見に行った。今は使う環境がほぼ固まってしまって、新しいアプリを探そうという気になることも少なかったけれど、昔は少しでもいい環境を手に入れようと一所懸命だったのだろう。ひさしぶりに見に行ったら、記事アクセスランキングで、「“昔のPC”をNASに保存・利用する方法を詳しく解説した記事が大人気」なんてことが書いてある。読んでみると、ASUSTORに「VirtualBox」を入れてうんぬんかんぬん。ASUSTORといえば、まさにKONKONが使っているNASではないの。これはやってみたいなあ、とひさびさに環境構築に燃えてきた。窓の杜に限った話ではないが、こういうアプリ紹介系のサイトはときおり、こういうことがあるので困る。
それにしても、“昔のPC”で例に出しているOSがWindows7かあ。時代の流れを感じちゃうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CrystalDiskMarkがストアで公開

PC Watchを見ていたら「UWP版「CrystalDiskMark」が“Microsoft ストア”で公開」なんて記事が載っていた。メインマシンをWindows10にしたものの、ストアって一回も使ったことないやと気が付いて、せっかくなんで使ってみた。ダウンロードしたのはもちろん雫エディション。ストアは使い心地がどうのこうのってのは別になくて、欲しいアプリがあれば使うっていうレベルかなあ。ローカルにダウンロードするとついついため込んでしまうけれど、そういうことがないのがありがたいといえばありがたい。記事にあるUWP版の意味はしらない。ストアアプリとしての作法みたいなのがあるんだろうか。
最後にCrystalDiskMarkの結果を張っておこう。早いのか遅いのかもよくわからないけど。
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.2.0 Shizuku Edition x64 (C) 2007-2016 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 520.895 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 188.056 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 113.283 MB/s [ 27657.0 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 50.453 MB/s [ 12317.6 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 450.078 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 127.089 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 18.071 MB/s [ 4411.9 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 16.631 MB/s [ 4060.3 IOPS]

Test : 1024 MiB [C: 28.6% (63.7/223.1 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]
Date : 2016/10/13 23:59:51
OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 14393] (x64)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows10 アップグレード期限迫る

ということで、壊れかけの旧メインマシンをWindows10にしようと、メモリだけ高速型から普通のに取り換えて動かしてみた。しかし、やっぱりというべきか、途中で止まってしまうようだ。PCの前でずっと見ていたわけではないので何とも言えないが、アップグレードを仕掛けてしばらく放っておくと、画面がブラックアウトしてしまう。スリープしたのかとも思ったが、どうしたって復帰しない。これはダメかもしれんね。こんな調子だと、このPCは捨てることになりそうだから、Windows7のライセンスが浮いちゃうなあ。もともと遊んでるのはあるので、あまりありがたくもないんだけど。
ちなみに、どこかにあるかと思っていたWinsow7の32bit版は見つからずじまい。32bit版のをWindows10にしておきたかったんだけど、どうやら間に合わなそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろWindows10のことを考えるべきか

Windows10への無料アップグレードの期限が迫っている。今はメインマシンだけWindows10にしてあるけど、サブマシンもやっておいたほうがいいかどうか悩むところ。サブマシンのうちひとつは、この前までメインマシンだったもの。これは頻繁にフリーズするようになってしまったので、使わなくなったのだが、これを直してまでWindows10にするかという、さすがにそこまでやる気にはなれない。ただ、このまま使わないでおくと、Windows7のライセンスが空いてしまう。組み立てただけで、2年以上放置してあるマシンがあるので、それに入れようかとも思うが、どうせ新規にインストールするなら、32bit版のWindows7を入れて、それをアップグレードしたほうがいいかなあとも思う。もう一台のサブマシンは、Cドライブの容量がカツカツなので、アップグレードできる気がしない。かといって、Cドライブなんて変えてしまったら、ライセンス認証やり直さなきゃいけなくなりそうだからなあ。こっちはこっちで、どうしたもんかという状態である。いっそのこと、PCの組み立てなんかやめて、次からは既製品を買うようにすれば、OSなんて付いてくるから心配いらないんだよなあ。案外、それが正解なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧