ブドウを消毒する

忘れて来年も同じこと考えるかもしれないのでメモ。
ブドウについていた虫はよくわからなかったけど、家にある消毒の中では害虫用の農薬はマラソン乳剤しかなかったので、これを噴霧しておいた。余った分はジャガイモにも使った。ジャガイモはもうニジュウヤホシテントウが発生していて、こちらのほうがブドウよりもヤバいかもしれない。どうもここ数年ニジュウヤホシテントウを見つけることが多いなあと思っていたら、ウリ科の植物の近くで栽培すると付きやすいとのこと。そんなこといったって、狭い畑だもんなあ。キュウリやスイカとか作ったらダメってのはちょっと難しい。いろいろWebを読んでいると殺虫効果がある農薬としてはスミチオン乳剤の方が効果的っぽいけど、手元にあるのの消費優先、とかいってるのが間違いかもしれない。効果がなかったら、来年はスミチオン乳剤を買って来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キュウリとゴーヤの棚づくりとブドウの間引き

ほぼ、タイトルですべて語ってるなあ。
去年に続いて、ゴーヤとキュウリを同じ棚でやろうとしている。去年は茂り過ぎた感があったから、今年は広めの棚を作ったら、当然のごとくネットの幅が足らなくなった。面倒なので、ビニールひもで無理やり拡張してしまった。どうせ伸びていけば勝手に支柱までツルを絡み付けるだろうから、きっと無問題。
ブドウの方は、花房の間引き。ひと枝にひとつずつ残すように、枝先から花房を落としていく。ついでにどんどん出てきているツルを切ったり、あちこちから出てくる芽を落としたり。これを二か月ぐらいは続けないといけないんだよなあ。なかなか面倒だが、風通しが悪いとうまく育たなかったり、害虫が付きやすいので仕方がない。今はまだいいけど、蚊が出てくるようになると辛いんだよなあ、これ。この作業中に小さいコガネムシかカメムシらしきものを発見したので、消毒したほうがいいのかなあと思案中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏野菜の植え付け

今年のゴールデンウィークもいつもどおり夏野菜の植え付けをしている。今日は、ナス、トマト、ピーマン、スイカ、メロンウリを植え付けた。いつも根の生育が悪いように思えたので、今年は硫酸加里を漉き込んでおいたが、結果はどう出るか。結果は夏まで待て、ということで。去年に続いて全面マルチ。こっちは効果がどうこうよりも、雑草対策の色合いが強い。これやっとかないと、草むしりが大変なんだよね~。
残るはキュウリとゴーヤ。あ、オクラもあったか。オクラは苗を買わずに種から育てても何とかなるので、毎年、直播で育てている。他は苗を買ってくる。基本、接木苗。自根苗はわりとダメになっちゃうことがあるんだよねえ。やり直しが気かないから、どうしても安全策を採ってしまう。
今日やった以外では、トウモロコシの種がまいてあるんだけど、なかなか芽が出ない。今年はダメかもしれんねえ。ブドウはついこの間、一回目の芽かきをしたんだけど、また芽が生えてきているし、残しておいた芽はおおきく育って花房が付いている。花房の間引きもやらないといけないんだけど、今日は時間切れ。この連休中に何とかしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえばイチゴのマルチ掛けをしたのだった

艦こればっかりやっていると気が滅入るので、土曜日はイチゴのマルチ掛けをした。ということをメモ代わりに残しておこう。いや、こういうブログって、わりと真面目に備忘録として優秀なんだよなあ。書いておきさえすれば、検索は簡単だし。
最近はイチゴを植え付けたらろくに手入れもしなくなってしまったので、あんまり生育はよくないのだが、マルチ掛けだけはやっておく、というのがギリギリの妥協ライン。ってなにを妥協しているんだか。毎年、この時季にマルチ掛けをしておくと、一気に育ち始めるのを見ているので、やらないわけにはいかない。かといって、マルチ掛けしなかったらどうなるかなんてことは検証もしていないんだけど。艦これと違って、気軽に検証できないからなあ。失敗したら次の年まで再検証は難しいし。あ、ちょっとずつ試してみるという手もあるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモを植え付ける

艦これの冬イベントといえば、ジャガイモの植え付けの時季である。今年も、イベント海域出撃の合間を縫ってイモを植え付けた。
昨年、一昨年は、病気に罹ったみたいになって、あまり収穫できなかった。それまでと何かやるとこと変えたかなあと考えて、思い当たったのが、苦土石灰をすき込んでいないこと。ジャガイモは少々酸性でも大丈夫だから酸度調整の必要はないと思ってやめていたのだが、酸度調整はともかく、マグネシウム分は必要だったのかもしれない。ということで、今年は苦土石灰をちゃんとすき込んでおいた。元肥もやっていなかったのだけれど、こっちはあまりよけいなことをしてもかえって悪くなりそうな気がしたので、化成肥料はやめておいて、硫酸カリだけを投入した。実は事前に土に混ぜ込んでおくタイプの農薬もあるみたいなんで、去年の時点ではそういうのをやらなきゃいけないのかなあとか思っていたんだけど、すっかり忘れていた。
これでどうなるかはわからないが、植え付けてしまったからには、あとはジャガイモ自身に任せるしかない。さて。がんばってくれるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タマネギを植え付けた

タマネギを植え付けた。今年は、プランターに種を蒔いて育てた苗を使った。品種はOP・黄。中生のごく普通のタマネギである。お店で売っている苗にくらべると育ちが悪いかなあという状態だが、これ以上植え付けを遅らせてもあまりいいこともなさそうなので、植え付けることにした。あらかじめ耕して元肥を漉き込んでおいた畝に、タマネギ用の穴付きマルチを敷いて、その穴の個所に一本ずつ苗を植え付けた。やっている途中で雨が降ってきたけれど、中途半端なところて止めるわけにもいかず、雨の中を最後までやり切った。終わった後で雨が止んで晴れ間がのぞいていたのには拍子抜けしたが。ともあれ、今年もタマネギの植え付けは無事完了。ここまでやっておけばあとはほとんど手がかからないっていのがありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長芋の出来が悪かった

長芋の残り五株を掘ったけれど、ほとんど出来ていなくてどうしようもなかった。あまりツルも出ててなかったからなあ。やっぱり地上部があれだと芋もダメか。勝手に生えているのでやっらと元気なのもあるけれど、栽培用の筒に作らないと掘るのが半日掛かりになっちゃうから、見て見ないふりをした。あれって、手を付けちゃうと、どんどん深みにはまっちゃうんだよね。掘り切った頃には日が暮れているという。
まあ、今回は春になって芽が出てきたのを適当に掘り起こして、筒に入れて埋め直した、ってことをやったから種芋の選定が悪かったのかもしれないなあ。店で売っているのなんかと比べるとあきらかに貧相だったし。でも、勝手に生えてきているのにわざわざ種芋買う気にならないんだよなあ。来年はどうしようかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチゴを始末

イチゴの苗を作っていたところ、ガンガン苗が増えてしまった。すごく生命力あるなあと感心しかけたが、畑だから増えただけだった。野生化させようとそこらへんに適当に植えておいたやつはほとんど苗が出来ていない。で、その苗を採って植え付けしたのはだいぶ前のことになる。残りのイチゴを処分しないといけないなあと思いつつ、週末に台風が来たり、イモ掘りに費やしたりしているうちに、こんな時季までずれ混んでしまった。引っこ抜いて捨てるだけだから、そんなに時間がかからんやろと思っていたのだが、思ったよりも根が張っているし、これから捨てるとはいえ雑草みたいに抜くのもなんだかかわいそうに思えて、ちゃんと掘り起こしながら土を落として捨てていった。こういう気分って、牧場艦を出荷するときと同じだなあとか思ったりした。今度苗を育てる時には、もう少しちゃんと管理しようと思ったりもしたが、きっと暑くなると面倒くさくなって、そんなことはしないんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イモ掘りの残り

先週、掘り残したベニアヅマ四株を掘った。ツルが伸びたい放題だったので、実はもっとあるだろうと勘違いしていたのだが、ツルを切っていくと四株しかなかったのには拍子抜けしたが、掘ってみたらみんなイモが肥大化していて、びっくり。軽く10kgオーバーのサツマイモが収穫できた。1kg超のがいくつもあるんだけど、これだけ大きいと食べるのが大変。焼き芋にしたら火が通らないし、通ったとしても食べきれない。煮物にして少しずつ食べるしかないか。
ついでに、長芋も一本掘ってみたが、こっちは小さかった。これはあまりツルが伸びてなかったので期待できないなあと思っていたらそのとおりだった。並みのサツマイモよりも小さいくらいで、こっちはこっちで料理するのが面倒臭そう。長芋はあと四本あるはずだけど、みんなあまりツルが伸びてなかったから、みんなこんな感じなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イモ掘り

このところ週末の天気がよくなくて、あまり畑仕事が進まなかった。場所が空かないので、正月菜の種を蒔けない。このままでは正月に正月菜が食べられなくなってしまう。というようなこともあって、どこかで休みを取って畑をやろうと思っていた。今日はその休みが取れたので、正月菜の畝を作る場所を確保するために、サツマイモを掘った。サツマイモは植えるだけ植えてほぼ放置だったので、ツルが伸びすぎているのはいいとしても、雑草がかなり多い。しかも、ススキの侵入を許してしまっていて、ところどころでイモを掘っているのか、ススキの根を掘っているのかわからないような状態となってしまっている。これは真面目に除去する方法を考えないとまずいかも。今日掘ったのは安納芋だったんだけど、例年にくらべると作柄はいい。これまではベニアヅマとかと混栽していたのを、別の畝で作るようにしたのがよかったようだ。ベニアヅマといっしょだと負けちゃうみたいなんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧