新しいGR86とBRZ

『トヨタGR86 RZ(FR/6MT) はっきり違う』(webCG)。
『スバルBRZ STI Sport(FR/6MT) スポーツカーも大人になる』(webCG)。
マイナーチェンジされたGR86と、追加されたBRZ STI Sportのレビュー記事。本体価格はGR86 RZが347万6000円、BRZ STI Sportが376万2000円となっていて、この差がSTIのブランドというかチューニングのお値段ということになる。もっとも、記事で乗っているGR86 RZはオプションのザックスのダンパーが付いているので素のRZとは少しよくなっているんだろう。タイトルの「はっきり違う」というのはマイナーチェンジ前よりずっとゆくなっているという意味で、BRZとの比較をしているわけではない。むしろマイナーチェンジ後のGR86はテールハッピーが影を潜めて、安定より、つまりBRZに近い味付けになっているようだ。そういうことよりも両方のレビューで主題となっているのが、アイサイトの搭載である。どちらの記事もACCについての記載が目立つが、マニュアル車に乗っていて一番しんどいのは渋滞時のように停止と発進を繰り返すシーンなので、あまり魅力的に思えない。それよりも自動ブレーキをはじめとする運転支援のほうがありがたい。レビュー記事で試せないようなことなので記述が少ないのは仕方がないか。BRZの記事のほうに価格について「若者向きとは言いにくくなった」と書いてあるが、ベーシックグレードで330万円というのは今となっては安いんじゃないかという気がする。

| | コメント (0)

UXだって高級車

『レクサスUX300h“バージョンL”(4WD/CVT) 1年生と6年生』(webCG)。
後発のLBXが「小さな高級車」みたいな売り方をしているので騙されそうになるが、UXだって十分高級車である。そうじゃなかったら高価なだけのクルマでそういうものはボッタくりと呼ばれるのだから、ちゃんと高級車であることを主張しなければならない。売り方はともかくとして。
ということでちゃんと価格分の価値があるかというところだけど、実のところよよくわからない。記事を読む限りよくできてるなあと思うけれど、同じプラットフォームのカローラクロスとの価格差を考えるとう~んとなってしまう。カローラクロスについてはマイナーチェンジ後のインプレが見つからないっていうのも問題、というか謎。パワートレーンを一新してるんだからレビュー記事ぐらい出してくれよ。と、それはさておきUXである。マイナーチェンジ後のカローラクロスに近しいパワートレーンについては、『リアモーターが強化されて、江本さんも「クルマを曲げるほうにも使えるようになった」』と記述しているところからみるとパワフルというほどではないが十分な効力があるようだ。足回りや車体の剛性アップについては『旋回時にも内輪がしっとりと接地した安心感が色濃くなった』とあり、路面への追従性の向上が読み取れる。たぶん乗ってみたら欲しくなるんだろうなあと思う。手が出せない価格なのは高級車だと思えば仕方がないか。あれ、結局価格が高いから高級車ってことなのか。

| | コメント (3)

ルークスがずいぶんまともになっていた

前回の車検の代車がおそらく先代のルークスで、ちょっとこれはどうかと思うくらい乗りにくかったというのをちらっと書いた覚えがある。今年の車検の代車は現行型のルークスだった。ディーラーと自宅の往復しかしていないけれど、その範囲ではすっかりまともなクルマに生まれ変わっていた。もちろん絶対的な車高の高さと車重の大きさによるもたっとした感じはあるけれど、ちゃんと思ったとおりに走るようになった。エンジンはNAだったので力強くはないもののCVTが頑張って動かしているという感じ。市街地を走る分にはとりたてて問題もない。これだったら買い物とかの日常使いならいいんじゃないかという気がした。日産もマーチがなくなっちゃったから、そのあたりのユーザーを引き留めるために軽自動車のレベルアップが必要だったんだろう。もっとも価格的にもマーチよりも上がっているんじゃないかと思うけれど。
印象的だったのがグラスエリアの高さがあることによる解放感。目の位置から斜め上方向の視界が開けているので普通のクルマに乗っているよりも空が広く見える。この感覚は悪くないなと思った。

| | コメント (0)

進化型GRヤリス

『トヨタ、進化型GRヤリスを4月8日発売 価格は6速MTが448万円から、新開発8速ATは483万円から』(Car Watch)。
マイナーチェンジではなく進化型と称するGRヤリスの発売が発表された。気になる価格はRZグレードで50万円アップといったところか。少し前に掲載された日下部保雄氏によるインプレッション記事によればボディもエンジンも大きな進歩を遂げているようなので仕方がないか。単純に価格差でいえば大きいとしかいえないんだけど。追加されたAT仕様はさらに35万円アップ。ATのほうが高くなるなんてちょっと懐かしい感覚である。販売台数とかかった開発費からみれば妥当なところなんだろう。今回の進化型にあわせて特別仕様車「GRヤリス RZ“High performance・Sébastien Ogier Edition」、「GRヤリス RZ“High performance・Kalle Rovanperä Edition」も発表された。こちらはかなりの好きモノじゃないと買わないんじゃないかという気がするが、それでも抽選には申し込みが殺到するんだろうな。また競技ユーザー向けグレードRCも追加されている。こちらはサスペンションのチューニングをユーザーでやらないといけないということだけど、それでも価格の安さから一般ユーザーが手を出しそうな気もする。ああ、でも今のユーザーにはエアコンレスは耐えられないかも。

| | コメント (3)

自前で水素作ってるのか

『日本初、福岡市が水素で走る「FC救急車」「FCごみ収集車」導入 高島市長とトヨタ 中嶋副社長があいさつ』(Car Watch)。
地方自治体が環境対策で何かやるときってBEV導入ばかりやってるイメージがあったのでちょっと珍しいなと思って読み始めた。FCEVなら水素充填にかかる時間は微々たるものだから稼働率が重視される車両での採用は納得しかないのだが、気になるのが水素ステーションをどうするのかということ。水素ステーションの営業時間は限られているところが多いから、営業時間外に水素切れになったらどうしようもない。記事を読むと水素ステーションの営業時間については何も書かれていなかったが、水素そのものを福岡市の水処理センターで作って水素ステーションに供給しているという。これならおそらく営業時間外でも水素を充填できる環境になっているのだろう。福岡市がこういう取り組みをしているというのは初めて知ったけど、結構有意義なデータが取れそう。うまく回してもらってあちこちで真似をされるようになってほしい。

| | コメント (5)

一段と大きくなったアコード

『ホンダの進化した“スポーツe:HEV”を搭載する新型「アコード」初試乗 スポーティからエレガンスまで変幻自在な乗り味』(Car Watch)。
ようやく国内販売が開始される新型アコードの試乗記事。記事を読む前にまず写真が目に入って、これまた一段と大きくなってそうだなあと感じた。記事中にはサイズが記されていないのでホンダのサイトを見に行ったら、全長/全幅/全高(m)が4.975/1.860/1.450だって。こういうのでメートル表記しているのって珍しい。それはともかく全長5メートルにならんとする成長っぷりである。このサイズ感だと国内だと売れないだろうなあ。スタイリングはサイズの大きさをそのまま生かしたような伸びやかさが特徴。シビックと同系統のデザインだね。米国向けメインの車種はこういうデザインで行くってことなんだろう。パワートレーンにも結構力が入っているようで、そのあたりのことは記事を読んでもらったほうが早い。それよりも気になるのがこのサイズ。米国市場だカムリあたりと競合するのかな。国内に導入されない新型カムリのサイズはwikiによると全長4,885-4,905mm、全幅1,840mm、全高1,455mmとのことで全長が若干短いけれどほぼ同じサイズ感。ちなみにキャデラックで唯一国内導入されているセダンCT5のサイズは全長4,925mm、全幅1,895mm、全高1,455mmと似たような感じ。このあたりが米国人の考える普通のサイズってことなんだろう。

| | コメント (2)

PHEVモデルがベストらしい

『トヨタ・クラウン スポーツRS(4WD/CVT) 地に足がついている』(webCG)。
最近クラウンクロスオーバーをよく見かける。販売台数のデータとかは知らないんだけど、見かける頻度から考えると新型プリウスの半分ぐらいは売れているんじゃないかな。クロスオーバーに続けてスポーツが出たんだけどそのなかでも最後に販売が開始されたPHEVモデルの試乗記事。どうでもいいけどトヨタって以前はPHVっていってたはずたけどPHEVに呼び方を変えたってことなんかね。
記事中にもあるけれど、ブレーキキャリパーが赤になっていて大径ホイールが映えるのがいいよね。ハイブリッドモデルだとクロスオーバーにある19インチのモデルを用意してくれてもいいんじゃないかと思っていたけど、PHEVは21インチが決まっている。PHEVであること自体の付加価値に加えて、ホイール回りの格好よさとシステム出力の大きさを考えるとハイブリッドにくらべて175万円という価格差分の価値はあるんじゃないかなあ。払えるひとにとってはだけど。

| | コメント (0)

手が出ないがわくわくする

『ポルシェ911ダカール(4WD/8AT) 本気なのか 遊びなのか』(webCG)。
あんまり高価格帯のクルマには反応しないんだけどこの記事の911ダカールには惹きつけられてしまった。これのネタ元になったのは1984年のポルシェ953。個々のクルマについてはよく知らないんだけど、初期のころはこんなポルシェベースのマシンも走っていたなあと思い出した。そのあとはパジェロの全盛期のイメージが強いかな。なんにしてもクロスカントリー車ベースのクルマが強くなった。今はどうなんだろうと思って、wikiを見たら去年の優勝車はトヨタ・GRダカールハイラックスT1+だった。今年はwikiには載ってなかったので探したらアウディのRS Q e-tron E2だって。電動車って書いてあったからびっくりしたけど、少し検索してみたらシリーズ式ハイブリッドっぽい。見た目はほとんどバギーだねえ。レギュレーションもいろいろ変わっているみたい。もともとよくわからない側の人間だけどさらにわからなくなってしまった。
それはともかく911ダカールみたいなクルマにはわくわくする。国産でこれをやろうとするとサファリラリーのブルーバードとかサザンクロスラリーのランサー、比較的最近だとWRCでのセリカ、ランエボ、インプレッサあたりになるんかね。ネタ元にできる車両がインプレッサ以外ラインナップから消えているからどうしようもなさそう。

| | コメント (2)

写真より実物がいいスイフト

『スズキ・スイフト ハイブリッドMZ(FF/CVT) ハンドルを放したくない』(webCG)。
買い物に行った先にスズキの販売店があって、そこで初めて新型スイフトを見た。webでは見る限りではあんまりパッとしないなあと思っていたんだけど、実物は結構いい。これまでのスイフトになかったかわいらしさを感じる。開発者インタビューなんかで触れられていたデザインの方向性が実現されているなあと感じた。スズキのクルマは写真より実物のほうがよく感じることが時々あるけれど、新型スイフトはその一例といえる。で、あらためてこの記事を読み直してみた。タイトルからわかるとおり評価は高いようだ。新型のエンジンはスペックどおり絶対的なパワーは落ちているようだが常用域では元気がいい。シャーシ、足回りは正常進化していて操安性も高そうだ。詳しくは触れられていないものの、従来のスズキ車で不安定さが指摘されていたADASもよくなっているらしい。これならスイフトスポーツも期待できそうだけど、内容はともかくこのエクステリアデザインをどこまでいじれるのかが気になるところ。

| | コメント (2)

シビックとプリウスの後編

『トヨタ・プリウスZ(FF/CVT)/ホンダ・シビックe:HEV(FF) 死闘の果てに』(webCG)。
昨日の記事の続き。「死闘」ってなんだという話であるがそれはさておき、ここでも意外なことがわかった。プリウスの乗降性は意外によく、またラゲッジ容量も十分に大きいということだ。低く見えるデザインのしわ寄せはドライバーからの視界の悪さぐらいにしか表れていない。このあたりはトヨタらしいそつのなさともいえるが、どちらかといえば運転のしにくさに直結する視界の悪さを何とかしてほしいなあと思う。ダッシュボード周りのデザインはプリウスに比べるとシビックのほうが保守的でやぼったく感じる。使い勝手はシビックのほうがよさそうに思えるけど、だぶん慣れてしまえばそんなに変わらないだろう。シビックが古典的でプリウスが軽快という差はあるものの走行性能にも大きな違いはない。燃費はシビックのほうが少し悪い。「東京から河口湖までの往路では、なんとシビックのほうが燃費がよかった」と書いてあるところから考えると、高速道路ではシビックのほうがよく、一般道ではプリウスのほうがいいということかもしれない。区間ごとの燃費データが欲しかったところ。どちらにしてもトータルでリッター17km以上走るので十分といえる。最終的に評者はシビックに軍配を上げているが、好みで決めていいんじゃないかな。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧