マット・ヒルツ250グリーン

『マット・ヒルツ250グリーン(MR/5MT)こんなの待ってた!』(webCG)。
こんなの作ってるんだ。こういうメーカーがいろいろ出てくるあたり、イギリスってのも侮れないなあとか思いつつ、読んでいくとエンジンはST250系だと書いてある。ST250って、まだあったんだっけ。とスズキのサイトを見てみたら、250ccクラスのオンロードバイクが軒並み生産中止になっていた。ST250系も生き残っていない。さみしいねえ。
こうなってくると、このマット・ヒルツ250グリーンも俄然貴重に思えてくる。まあ、ST250系は中古も潤沢にありそうだから、程度のいいの探して、軍用車風カスタムをしてしまえば、値段的にもそんなに変わらないような気がするけど。

| | コメント (0)

テネレ700

『ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)うるわしの最大公約数』(webCG)。
スーパーじゃないほうのテネレには乗っていたことがあるので、懐かしくなって真面目に読んでしまった。今はこれがミドルサイズなんだよなあ。最初のスーパーテネレ出た時はこんなでかいのどこで走らせるんだよと思ったものだったが、今のアドベンチャーツアラーって、1,200ccとかだもんなあ。
で、このテネレ700だけど、並列2気筒700ccと、初代スーパーテレネに近いスペックになっている。それでいて、装備重量204kgと比較的軽量。国内向けではどうなるかわからないけど、最高出力73ps(54kW)/9000rpmだから、結構速そう。KONKONの乗っていたXTZ660テレネは大きなカブというような特性だったけれど、今度のテレネ700はもっと速そうだ。ふだんはのんびり走って、気合が入ればちゃんと走るみたいなのなら、結構いいかも。

| | コメント (0)

マツダ3発売

『マツダが「マツダ3」の国内販売をスタート』(webCG)。
あちこちで海外の記事を見かけて新鮮味がなくなっているけれど、マツダ3の国内販売が始まったらしい。マツダの3じゃなくて、マツダのマツダ3なのかというのに少し驚いた。トヨタ2000GTとか、ダットサントラックみたいな命名だったんだね。ハッチバックじゃなくてファストバックと呼ぶのは前からなんだろうか。ファストバックっていうとクーペっぽいよなあ。セダンとファストバックという組み合わせは、カローラとカローラリフトバックの時代を思い起こさせる。実際、マツダ3のファストバックは実用性よりも格好良さを優先したような印象がある。実際のところは知らないけど。ファストバックのサイズは、4,460×1,795×1,440mm。価格は218万1000円〜362万1400円。このクラスのクルマにどのくらい需要があるのか。案外、CX-5あたりと食い合ったりして。

| | コメント (0)

スープラ高い

『トヨタ、BMWとの提携で生まれた新型「スープラ」発売。490万円から』(Car Watch)。
この記事読んで、正直、高いって思っちゃったんだけど、世間的には、まあこんなもんて思われてるんだろうかねえ。ちなみに記事タイトルの、490万円というのは、4気筒モデルのSZで、6気筒モデルのRZだと690万円になる。スープラ欲しがる層だと大半は6気筒モデルに流れそうだから、実質690万円のクルマということになる。国産で比べる対象がないからなんともいえないけど、トヨタの量産スポーツカーっていう括りで考えれば、やっぱり高いんじゃないかなあ。あ、いや、昔のスープラはスポーツカーというよりもスペシャリティカーだったから安く作れたのかも。今度のスープラはベースにできるモデルなさそうだもんなあ。せいぜいBMW版と共通コンポーネントっていうくらいで。

| | コメント (0)

エクストレイルのちょっとした不満

前にほとんど不満点はなかったって書いたけど、思い返してみるとちょっとした不満はあった。
ひとつはディーゼルの宿命ともいえるDPF再生。これは毎年冬場に警告が出た。まあ、乗らないのが悪いとは思うものの、ガソリン車ならこなんこと気にする必要ないもんな。ちなみにマツダの低圧縮ディーゼルは排気温度が低い分、もっとひんぱんに警告が出るらしい。ディーゼルが気になりつつマツダを選べなかった理由のひとつがこれである。ディーゼルエンジンそのものもクリーンディーゼルなんていっているわりにはリアガラスにはしっかり煤が付いた。VWの不正が話題になった時には、ルノーもやらかしているんじゃないかと思った。
もうひとつは、燃料の残表示が200kmぐらい走るまではピクリとも動かないこと。動き出してから500kmは走れるんだから実害はないといってもいいんだけど、なんか気持ち悪いなあって思っていた。
でも、せいぜいこれくらいかなあ。出来のいいクルマだった。

| | コメント (0)

エクストレイルのこと

結局、エクストレイルには五年と少し乗ったのだが、買う時に思い描いていたようなことはほとんどできなかった。
買う時は、登山口までのダートを走るのに便利だろうなあと思っていたのだが、クルマが大きいから細い林道なんかに入り込むのを躊躇してしまい、一度もそういうことはやらず仕舞い。さらに、遠くまで出かけて、山に登って帰ってくるというのが、体力的にきつくなったというのもある。せめて、ATだったら道中の運転を変わってもらえたんだろうけど、MTなのでひとりで運転するしかない。買った時点ではそれがそれほどつらいとは思ってなかったんだけどなあ。歳はとりたくないもんだね。歳はとりたくないといえば、母が乗り込むときに、ここ数年あきらかに手間取るようになった。シート位置が高いから買う時には確認して、その時点ではわりと平気に乗り降りしていたんだけどねえ。このあたりも買い替えを考えた一因になっている。自転車積んで出かけようと思って、MTBを買ってみたはいいが、長時間乗るとお尻が痛くなって全然乗らなくなってしまったり。車中泊なんかも試してみたかったけど、やっぱりなんかおっかないので尻込みしてしまったり。
そんな感じで、わりと人間側の衰えが原因で手放すことになってしまった。クルマ単体で見れば、燃費もいいし、よく走るし、荷物もたくさん積めるし、でほとんど不満点はなかったんだけどなあ。使い倒してやれなかったのが残念。

| | コメント (0)

ノートが来た

来たっていうか、取りに行ったわけだけれど。ノートe-POWER ニスモS が納車となった。最初は慎重にDレンジのecoモードで走っていたんだけど、十分に速いし、なんといってもスムーズ。加減速がほぼ右足だけで済んでしまうのが、楽過ぎる。高速に入って、追従型のクルーズコントロールを入れれば、右足も遊んでしまう。これはドライバーを堕落させるクルマかもしれない。登りのワインディングでDレンジのSモードを試してみたが、これがびっくりするぐらいパワフル。レスポンスが好過ぎるので、アクセル操作を慎重にしないと、思わぬ加速をしてあわてることになってしまう。回生ブレーキもよく効くので、流すレベルならブレーキ操作はほとんど要らない。まだ、Bレンジは試していないけれど、今のところはDレンジで十分だなあ。

| | コメント (2)

マークXもパジェロもなくなるのか

『「トヨタ・マークX」の最後を飾る特別仕様車発売』(webCG)。
『37年の歴史に幕 「三菱パジェロ ファイナルエディション」限定発売』(webCG)。
何かもう感無量というか、歳はとりたくないなあというか、そんな感じ。マークXの前身であるマークIIはハイソカーブームの立役者だったわけだし、パジェロも今にいたるSUVブームの先駆けともいえる存在だった。ハイソカーブームは終わってしまったら、何も残らなかったという感があるから、ある意味仕方がないなあと思わないでもないけど、パジェロがなかったら、CR-Vもエクストレイルも生まれなかったんじゃないかと思えるので、パジェロに関しては惜しい気がする。歴史的使命を終えたってことなんかね。
マークXは12月で生産終了、パジェロは8月で生産終了とのこと。

| | コメント (0)

シルフィーってまだあったのか

『【上海ショー2019】日産が新型「シルフィ」を世界初公開』(webCG)。
この記事、中国向けにはシルフィーって作ってるんだねえ。結構、格好いいじゃん、とか思いながら読んでいたのだが、ふと気が付いて日産のサイトを見てみたら、ちゃんと国内向けのシルフィーもまだあったという。むちゃくちゃ影薄いなあ。たぶん、見掛けても、なんだろう、これ。見たことないクルマだなあ。とか思って、それっきり記憶から消えていたんだろうなあ。サイズ的にはインプレッサG4とかアクセラセダンと同じような感じだけど、手堅くまとめているだけで華がない、っていうイメージ。相手が悪かったとも思えるが、インプレッサにしろアクセラにしろセダンの割合なんて知れているだろうし、このクラスのセダンは多少いいモノ作ったって見向きもされないんだろうなあ。

| | コメント (0)

新型アウトバック

『【ニューヨークショー 2019】スバル、新型フラグシップクロスオーバーSUV「アウトバック」(米国仕様)を世界初公開』(CarWatch)。
アウトバックまでいっちゃうと大きすぎるので、あまり興味を持てなかったりするんだけど、気になったのが、2.4リッター直噴ターボのモデルがあるっていうこと。国内向けのフォレスターはターボモデルなくなっちゃったので、もうそういうのはやらないのかなあと思っていたんだけど、米国向けのアウトバックにはちゃんとあるんだねえ。国内向けにはモデルを絞っているだけで、フォレスターでも海外モデルにはターボが残っているのかもなあ。ターボモデルなくなっても売れ行きいいみたいだから、経営判断としては間違っていないんだろうけど、フォレスターの成り立ちからすると寂しいよなあ。って、ちっともアウトバックの話じゃなくなってしまった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧