« トライトンのエンジンはキャラバンに搭載済みだった | トップページ | ウィスキーで梅酒を仕込んでみた »

コールラビを食べる

コールラビを毎日ひとつかふたつ採っては食べている。コールラビを使ったレシピを検索するとわりと洋風のレシピが多い。最初にコールラビを作った年は律儀にそういったレシピで食べていたのだけれど、今年はあんまり気にせずに煮たり焼いたりして食べている。今日はコールラビおろしを作ってみた。薬味として使うには辛みがなさすぎるけれど、みぞれ鍋みたいな使い方はできそう。よく参考にするのはカブとかダイコンのレシピ。カブとかダイコンをコールラビに置き換えればちょっと違った味わいになるので結構楽しい。しかしこれまででいちばん評判がよかったのが浅漬けだったりする。簡単に紹介しておくと、材料はコールラビひとつ。ちょっと育ちすぎていて300グラム以上あった。このコールラビを2mmぐらいにスライスして少量の塩でもんだあとに、ポリ袋にこれ!うま!!つゆを大さじ一杯、鷹の爪4分の1と一緒に入れてもみこむ。これを冷蔵庫に半日ぐらい置いておけば出来上がり。たまたま手元にあったのがこれ!うま!!つゆだったのでこれを使ったけれど、適当なめんつゆとか白だしでもいいんじゃないかな。コールラビそのものは癖が少ないので、薄めの味に仕上げたほうがいいと思う。

|

« トライトンのエンジンはキャラバンに搭載済みだった | トップページ | ウィスキーで梅酒を仕込んでみた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トライトンのエンジンはキャラバンに搭載済みだった | トップページ | ウィスキーで梅酒を仕込んでみた »