« 宇崎ちゃんは遊びたい! | トップページ | ノー・ガンズ・ライフ 第二期 »

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完

2020年7月期のアニメの感想。九本目は「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」。
なんかすごくひさしぶりの続編のような気がする。調べてみたら第二期に当たる「続」は2015年4月期に放映している。あの頃はまだ原作読んでいたはず。もう読まなくなってひさしいけれど「完」というからには完結したんだよな。どんな終わり方したんだろう。それはともかく「続」は見ていたはずなのにどんな終わり方をしたのか全然記憶にない。「完」を見始めてあれあれって感じだったけど、キャラはしっかり覚えているのでやっていることの経緯はともかく、キャラ同士のやり取りなんかはほとんど違和感がなかった。いよいよ結末にせまっているということもあってか材木座とか戸部なんかのにぎやかしキャラの出番が少なかったのは残念。あと川なんとかさんも。その一方、先生はそんなに出なかったわりにはおいしいところを持っていった感じがする。由比ヶ浜と雪ノ下は大方の想定どおりのポジションに落ち着いてしまった。そこに行くまでの道筋が見どころなんだけどそれが曲がりくねっているのは主人公の性格の故ということで。最後はきれいにタイトル回収できました、と。

|

« 宇崎ちゃんは遊びたい! | トップページ | ノー・ガンズ・ライフ 第二期 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇崎ちゃんは遊びたい! | トップページ | ノー・ガンズ・ライフ 第二期 »