« やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 | トップページ | 次世代e-BOXERのAWDってどうなるんだろ »

ノー・ガンズ・ライフ 第二期

2020年7月期のアニメの感想。十本目は「ノー・ガンズ・ライフ 第二期」。
第一期の続きで話数も継続しており、第二期は第13話から第24話となる。当然ストーリも第一期の続きになっているのだが、ベリューレンやらスピッツベルゲンやら、それらとの関係がよくわからない登場人物が入り乱れて、いまひとつ話の全容がつかめない。第二期ではメアリーの兄が登場したところから話が始まって、ペッパーや十三の過去話で幕を閉じる。といってもいったん区切っただけっぽいので、続きが作られるのかもしれない。今度は十三の過去話から話が広がっていく感じになるのかな。第一期では蜘蛛型の機体になる拡張者が出てきてびっくりしたが、第二期では主人公を含むガンスレイブユニットの戦闘形態もでてくる。ちゃんとした設定はあるのだと思うけれど、どんな技術でああいうことができるのかとか、どんな設計思想であんなふうにするのかとか、ひとことでいってしまえばわけわからん。が、外連味たっぷりなのは間違いない。

|

« やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 | トップページ | 次世代e-BOXERのAWDってどうなるんだろ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 | トップページ | 次世代e-BOXERのAWDってどうなるんだろ »