« ド級編隊エグゼロス | トップページ | UXだって高級車 »

サトイモを植え付ける

サトイモの冬越しに成功した。いつも書いている赤芽というサトイモである。昨年栽培した赤芽を数株残しておいて、地上部を刈り取って枯草とビニールをかぶせておいた。実は何回か同じようなことをしているのだが、毎回腐ってしまっていた。理由はわからないが今年はうまくいった。掘り出した芋はもう芽が伸び始めていてすぐにでも植え付けられそうだったので、急遽畝を立てて植え付けた。苦土石灰は漉き込んであるがまだ元肥はやっていない。植え付けと同時に株間に化成肥料を入れるという方法を採ってみたが、そんなに問題はないんじゃないかと思う。例年よりも早めの植え付けになったことでどんな育ち方をするか楽しみである。
ネギは収穫時期が終わったが、今年は取り残しがいっぱいある。いつものように食べてはいたのだが、身内がなくなったり動けなくなったりしたせいで、譲る先が減ったしまったせいなんじゃないかと思う。余ったネギを廃棄するのももったいないので、株分けして植え直して苗を作ることにした。ひと畝に5cm間隔ぐらいで植え付けたので量は十分。これで今年はネギの苗を買わずに済むはずである。赤芽も種芋を買わずに済んだし、わずかだけど節約できた。赤芽については種芋の供給が細っていることもあり、なんとか冬を越す方法を確立したいものだ。

|

« ド級編隊エグゼロス | トップページ | UXだって高級車 »

農作業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ド級編隊エグゼロス | トップページ | UXだって高級車 »