« こんなテレビスピーカもあるのか | トップページ | 自前で水素作ってるのか »

一段と大きくなったアコード

『ホンダの進化した“スポーツe:HEV”を搭載する新型「アコード」初試乗 スポーティからエレガンスまで変幻自在な乗り味』(Car Watch)。
ようやく国内販売が開始される新型アコードの試乗記事。記事を読む前にまず写真が目に入って、これまた一段と大きくなってそうだなあと感じた。記事中にはサイズが記されていないのでホンダのサイトを見に行ったら、全長/全幅/全高(m)が4.975/1.860/1.450だって。こういうのでメートル表記しているのって珍しい。それはともかく全長5メートルにならんとする成長っぷりである。このサイズ感だと国内だと売れないだろうなあ。スタイリングはサイズの大きさをそのまま生かしたような伸びやかさが特徴。シビックと同系統のデザインだね。米国向けメインの車種はこういうデザインで行くってことなんだろう。パワートレーンにも結構力が入っているようで、そのあたりのことは記事を読んでもらったほうが早い。それよりも気になるのがこのサイズ。米国市場だカムリあたりと競合するのかな。国内に導入されない新型カムリのサイズはwikiによると全長4,885-4,905mm、全幅1,840mm、全高1,455mmとのことで全長が若干短いけれどほぼ同じサイズ感。ちなみにキャデラックで唯一国内導入されているセダンCT5のサイズは全長4,925mm、全幅1,895mm、全高1,455mmと似たような感じ。このあたりが米国人の考える普通のサイズってことなんだろう。

|

« こんなテレビスピーカもあるのか | トップページ | 自前で水素作ってるのか »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは


ご指摘通り、カムリ vs アコード

ちょっと古いデータですが北米ガチンコ勝負です。

https://car.motor-fan.jp/article/photo/10013756/2360725202002262111370000001

ちなみにサプライヤーも上記の2車への部品の受注というガチンコ勝負になってます。


日産アルティマも同カテゴリーなんですけどね。

投稿: あさくら | 2024/03/09 19:50

このグラフは初めて見ましたが本当に伯仲してますね。
台数も30万台前後ですからこれなら力入るでしょうし、逆に国内向け
にリソースを割くのはもったいなくなるのかも。
そう思うとアコードが国内販売してくれるのってありがたいですね。

投稿: KONKON | 2024/03/09 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんなテレビスピーカもあるのか | トップページ | 自前で水素作ってるのか »