« MAZDA6も逝ったか | トップページ | あらためてキックスについて考える »

両手で握るキーボードとは

『両手で握って操作できるキーボード「GrabShell」が発売、トラックボールやスティックも装備』(AKIBA PC Hotline!)。
両手で握ってどうするんだって、記事を読んでもすぐには理解できなかった。写真を見るとキーボード配列そのものは普通の英語キーボードと同じなのかな。それの文字キー部分が折り返して裏側についているもののようだ。握るというかハンドルに手を通して親指の付け根あたりで保持して人差し指から小指で文字キーを叩いて、表側のジョイスティックやら特殊キーを親指で操作する。あ、写真を見て理解が進んでから記事を読んだら、ここまでと同じことが書いてあった。なんだかよくわからないまま文章を読んでもちっとも理解できなかったのに。
しかし、どのくらいのひとがキーボードを持って使いたいなんて思うんだろうか。店頭価格は59,730円ってことなので、かなりその想いが強くないと出せない金額だよなあ。

|

« MAZDA6も逝ったか | トップページ | あらためてキックスについて考える »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MAZDA6も逝ったか | トップページ | あらためてキックスについて考える »