« 風よりもひとが危険だった | トップページ | KONKONさんの複視生活その8 »

レクサスの小さいSUV

『レクサス、新型コンパクトクロスオーバー「LBX」世界初公開 日本で2023年秋以降発売予定』(Car Watch)。
レクサスからGA-BプラットフォームのSUVが出るらしい。パワーユニットは1.5リッターハイブリッドでFFと4WDがあるとのこと。GA-BのSUVというとトヨタではヤリスクロスになるが、どれだけ差別化されているかというのが気になるところ。特にヤリスクロスと比べているわけではないが、『アクセル操作に対する電池とモーターによるアシストを大幅に強化し応答遅れが少なく、立ち上がりが早い電気リッチな加速感を実現』なんてことが書いてあるので、パワーユニットには期待してよさそう。特にヤリスクロスではリアモーターが貧弱なE-Fourしかないのでここは間違いなく強化されているはず。GA-Bプラットフォームについても『専用開発を施した』となっているのでかなり手を加えているのだろう。内装についてはまあレクサスなんだからKONKONごときが心配する必要はないだろう。好みはあるけどね。紹介されているグレードの中なら「URBAN」がいいかな。気になる発売は、2023年秋以降ってことで最近のクルマにしては発表と発売の間隔が短いような気がする。これを買うということはまずないだろうけど、どんなクルマになるのかが楽しみだ。

|

« 風よりもひとが危険だった | トップページ | KONKONさんの複視生活その8 »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

コロナにかかってしまい、本日ようやく在宅にて勤務開始したところ。味覚障害が残って総菜パンと菓子パンの区別がつかないのが興味深いです。

「LBX」 遂に登場普及レクサスの決定版ですね。
ヤリスクロスの150高、399万円あたりがスタートラインでしょうか。

12.3インチ液晶メータと、高速道路渋滞ハンズフリー対応と、機能と装備でRXを超えてきてます。
売るつもりの商品構成と価格設定をしてくるはず。輸入車へのカウンターとなりそうですね。


>リアモーターが貧弱なE-Fourしかないのでここは間違いなく強化されているはず。
この読みで間違いなさそうですね。

>これを買うということはまずないだろうけど、どんなクルマになるのかが楽しみだ。

抽選に当選し、パールの白かブラック色で仮に3年乗って売却、100万程度落ちリセールだと考えると悪くないと思います・・・あくまでも仮定の話ですが。

当方も抽選になるぐらいデリバリーが厳しいならデミオの代わりに考えます。

投稿: あさくら | 2023/06/07 18:35

あらら、コロナですか。お大事にしてください。味覚障害はつらそうですね。

> 売るつもりの商品構成と価格設定をしてくるはず。輸入車へのカウンターとなりそうですね。

サイズは少し違いますが、走りのいいSUVということでZR-Vが結構食われるんじゃないかなと思ってます。たぶんZR-Vの上位グレードとLBXの下位グレードが同じくらいの価格設定になるのでは。

なるほど、3年で100万円落ちと考えれば、たしかに試してみる価値はあるのかも。

投稿: KONKON | 2023/06/07 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風よりもひとが危険だった | トップページ | KONKONさんの複視生活その8 »