« 素人目にも厳しそうに思える | トップページ | サウンドバーを否定している »

新型C-HRは欧州向けか

『トヨタ、新型「C-HR」を欧州で世界初公開 2種類のハイブリッドとともにPHEVをラインアップ』(Car Watch)。
新型C-HRが世界初公開された。場所は欧州。記事内にも『欧州のユーザーを念頭に置いて欧州で考案されたモデル』とか『欧州のみで生産される』とか書いてあるので、もしかすると国内販売はないかもしれない。もしそうなるとしたらジュークと同じパターンだね。日産はジュークの代わりにキックスを導入したけど、トヨタはすでにヤリスクロスがあるからC-HRはこのまま消滅しておしまいってことになるのかな。日本のユーザーはスタイリッシュであるよりもユーティリティ性を重視するから、こういうタイプのクルマは難しいんだろう。CX-3もさっぱり売れてないらしいし。スタイリッシュなSUVというとあとはクラウンクロスオーバーぐらいか。いきなり大きく高価になり過ぎだよなあ。このタイプのクルマが欲しければ、いっそのことルノーアルカナあたりを狙うほうがいいのかもしれない。

|

« 素人目にも厳しそうに思える | トップページ | サウンドバーを否定している »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素人目にも厳しそうに思える | トップページ | サウンドバーを否定している »