« 艦これ 132人目は高波改二 | トップページ | 艦これ 早春&春イベント2023 その18 Heywood L.E.着任 »

艦これ 早春&春イベント2023 その17 E6 甲クリア

E64_20230429081303251E6『決戦!硫黄島逆上陸作戦』のよっつめのゲージを甲でクリアした。これでE6はおしまい。イベントも完走。今イベントは前半様子見していたら中盤でリアルがバタバタしてイベントどころではなくなっていたので完走できないんじゃないかと心配していたのだが、想定よりも期間が長かったこともありなんとか最後までやり切れた。
E6-4のボスは深海擱座揚陸率いる連合艦隊。このところのトレンドは、削りは高速統一で最短ルート、ラスダンは潜水母艦入りの低速編成で潜水空襲マスを回避できる遠回りルートの組み合わせ。試行錯誤の時間が残っていないので、この流行りの編成でやってみた。クリア時の編成は右のとおり。ラスダンは敵の防空性能が高くて、Intrepidの第一スロットに入れた彗星(江草隊)が全滅することが多かった。参考にした攻略サイトが空母を制空箱にして、伊勢の代わりにIowaを入れている理由がよくわかった。削りは高速編成で前衛支援なし、決戦支援あり、基地航空隊は一部隊をYマスに集中、二部隊をボス集中。出撃10回で、大破撤退2、A勝利5、S勝利3。装甲破砕後のラスダンは前衛支援、決戦支援あり、基地航空隊は三部隊ボス集中。出撃7回で、大破撤退3、A勝利3、S勝利1。最後は伊201がボスにカットインを決めて900超のダメージでオーバーキル。今回は伊201と伊203が大活躍だった。ボスの夜戦はもちろんたけど、彼女たちの先制雷撃がなければ、Zマスはもっと抜けにくかったはず。レアドロップはボスマスS勝利でAtlanta、三隈、A勝利でNorthampton。装甲破砕中のGマスS勝利でHonolulu。なかなか豪華だがHeywood L.E.は来てくれなかった。残り期間もわずかだけど掘りもがんばってみますか。

|

« 艦これ 132人目は高波改二 | トップページ | 艦これ 早春&春イベント2023 その18 Heywood L.E.着任 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これ 132人目は高波改二 | トップページ | 艦これ 早春&春イベント2023 その18 Heywood L.E.着任 »