« 艦これ E6開放 | トップページ | エリミネーターは400ccで復活か »

これってセニアカーなのでは

『トヨタ、歩道を走行可能な3輪モビリティ「C+walk S」 インホイールモーター採用で価格49万8000円から』(Car Watch)。
「自分一人の力で歩けるものの、日常生活の中で長距離・長時間の歩行に困難を感じている人をサポートすること目的とした3輪タイプのモビリティ」ということで、つまりはセニアカーだな。セニアカーといえばスズキっていうイメージがあって、そもそもスズキ以外で作っているところがあるのかどうかも知らないんだけど、この「C+walk S」は初めての対抗車種ってことになる。スタイリングはセニアカーの野暮ったさにくらべるとスタイリッシュ。その分使い勝手は悪そう。セニアカーでよく見るのはフロントに大きなかごが付いているやつだけど、「C+walk S」はフロント一輪ということもあって、かごがつけられそうにはなっていない。シート下に積載スペースがあって、「買い物カゴがそのまま収まる」と書いてあるけど、買い物かごに買ったもの詰め込んで中腰でシート下に出し入れできるようなひとなら、この手のモビリティには頼らないだろうなと思う。そのへんは店員さんにお願いすること前提なのかもしれないけど。あとはバックミラーが付いていないとか、サスペンションどうなっているんだろうとか気になるところはあるけれど、パッと見ではスズキのほうが使い勝手良さそう。「C+walk S」が勝っているのはコンパクトさかなあ。セニアカーが歩道を走ってるのって結構圧迫感あるから、それが解消されることで受け入れやすくなるかも。

|

« 艦これ E6開放 | トップページ | エリミネーターは400ccで復活か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

C+walk S、リヤ駆動に文面はなってるけど当方にはフロント1輪のFFに見えてしまう。

フロントは他のコンセプトにも流用するなら合点がいくし・・・。

なんとなく、モビリティの研究のアウトプットが難しいので、セニアカーで成果出さなきゃみたいな感じがして、管理人さんの言うようにスズキ程ユーザーに寄り添っているようには見えない。

そもそも経済弱者向けの儲からない領域だから、ターゲットの年齢層を若年に振って、スズキとはうまく住み分けて欲しいな。

遅いモビリティならヤマハのゴルフカート用の自動運転システムを導入しないかなぁ。

これ面白くないですか。道路のテクスチャを読み取って、周回ルート走法します。
VGL方式
https://kurukura.jp/news/181024.html

投稿: あさくら | 2023/03/22 18:15

トヨタのこの事業はすでに存在するものをちょっと変えてみましたレベルのものしか出てないのがダメですね。もっといろんなことに挑戦してほしいです。

ヤマハの自動運転は道路のテクスチャの画像で判断するんですか。人間の目には同じようにみえる路面でもちゃんと判定できるってことなんでしょうね。路面なんで経年変化もあるんでしょうが、走るたびにデータの再取得ができればそれも問題なしって感じですかね。

投稿: KONKON | 2023/03/22 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これ E6開放 | トップページ | エリミネーターは400ccで復活か »