« KONKONさんの複視生活その6 | トップページ | 令和のカリーナEDか »

XC40リチャージはお値打ちじゃなかった

『ボルボXC40リチャージ プラス シングルモーター(FWD) 中庸なファン・トゥ・ドライブ』(webCG)。
ボルボのEV、XC40リチャージのFWDモデルの試乗記事。EVのレビューらしく、充電に悩む様子が書かれていて興味深い。カタログスペックで502kmとされている走行距離が、実際にはその7、8割であるとか、箱根ターンパイクを登ったら13.7km走っただけなのに走行可能距離が100kmも減ったとか、逆に下りでは走行可能距離がちっとも減らないとか、30分充電しても走行可能距離が36kmしか回復しないとか、いろいろヤバそうなことが書いてある。実際、EVに乗っているひとはそういうもんだと思って割り切ってるんだろうなあ。そうじゃなきゃ、すぐに手放すしかない。
ところで、このXC40リチャージ、価格が579万円らしい。アリアのFWDモデルB6が539万円だから、わりと近い値段になっている。バッテリ容量は、XC40が69kWh、アリアが66khWと似たようなスペックだ。ボルボと日産のガソリン車の価格差にくらべるとかなり接近しているといえる。EV買うならボルボってお値打ちなのかも。と思いきや、11月1日に659万円に値上げされていた。ダメじゃん。

|

« KONKONさんの複視生活その6 | トップページ | 令和のカリーナEDか »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、やはりEVはナビの経路探索に高低差を配慮しないと、航続距離推定においてユーザーに不安を抱かせざる終えないようですね。国土が平地の海外でしたら事情は違うんでしょうね。高低差情報が無いようなので地図会社は何処のを使っているのか・・・・。

「Google搭載」・・・次世代型のHMIですね。従来のRTOS + 組み込み系LinuxからGoogleのプラットフォームに入れ替わってます。

おかげでHMIサプライヤが変更になり、ガソリン車版で受注できていた当方所属会社のある物が失注して時代の流れを感じます。失注したチームと合流して仕事をしているのですが、欧州からアジア(日本省く)に販売先をシフトせざる終えないですね・・・。

投稿: あさくら | 2022/12/23 20:09

これ書いた後にサクラとリーフの値上げのニュースを見つけて、笑っちゃいました。アリアは未発表ですが、値上げの流れなんでしょうね。
HMIサプライヤの話は興味深いです。アジアはこれからっていうことなんですかね。

投稿: KONKON | 2022/12/23 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KONKONさんの複視生活その6 | トップページ | 令和のカリーナEDか »