« ひとりぼっちの○○生活 | トップページ | BDレコーダを使っている場合か »

KONKONさんの複視生活その5

(承前)
通勤にとても怖い思いをしたので、お願いしてずっとテレワークにしてもらった。テレワークだと見る対象が画面だけになることもあって、片目でもそれほど支障はない。しかし、仕事以外の日常生活にはいろいろと問題が出てくる。いつも困っていたのは食事。手元のご飯とかみそ汁は大丈夫だけど、少し手を伸ばしておかずを取ろうとすると結構な確率で空振りしてしまう。それから湯呑にお茶を注ぐのが意外と難しい。湯呑に注ぎやすい急須の位置がうまく決まらないし、どこまで注いだのかもわかりにくい。どうもお茶を注ぐときには、湯呑の縁からお茶の水面のでの距離で判断しているのではなく、水面の高さをそのものを見ているようなのだ。そのため水面の高さの変化がわかりにくいと非常に注ぎづらい。これは少し意外な発見だった。考えるまでもなくダメそうなのが畑仕事で、これはどうしようもなくやりづらかった。ちょうどタマネギを植え付ける時季だったので、片目でやってみたんだけど、蓑に放り込んである苗をうまく掴めない。植え付けそのものは問題が出なさそうに思えたが、なんだかやりにくかった。木の剪定は最悪。狙った枝をうまく切ることができない。うまく鋏を当てられないから、枝をつかんで引っ張ろうとするんだけど、枝をつかもうとして空振りしてしまう。放っておくわけにもいかないので時間をかけてやり切ったんだけどさ。
次のネタがない日に続く。

|

« ひとりぼっちの○○生活 | トップページ | BDレコーダを使っている場合か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひとりぼっちの○○生活 | トップページ | BDレコーダを使っている場合か »