« 艦これアニメ延期だって | トップページ | KONKONさんの複視生活その4 »

軽セブンの後継

『ケータハム・セブン170S(FR/5MT) 走るよろこびを思い出せ』(webCG)。
以前、ジムニーか何かのエンジンを積んだ軽規格のケータハム・セブンが出ていて気になっていたことがあった。だいぶ前の話だからもう生産してないんだろうなあと思っていたけど、ちゃんと後継機種がデビューしていた。全然知らなかったんだけど、ケーターハムカーズは名古屋のVTホールディングスの子会社になっているらしい。じゃあ、VTホールディングスって何っことだよなあ。調べてみたら、多くの自動車販売会社を持つ持株会社だった。そういう会社がからんでいるからスズキのエンジンも手に入れやすかったりするのかな。そのうちスズキ以外のエンジンのセブンが出たりして。
セブンというクルマに関していえば、おそらく現行車種の中では最もプリミティブなスポーツカー。もう何十年もこの立ち位置は変わっていない。この170Sについてもそれは同様である。がんばれば手が届くかもという価格帯なんだけど、支払いの心配よりもこのクルマをちゃんと楽しめるだろうかということに対して怯んでしまうようなところがある。実際、価格に関していえばほとんど値落ちしないはずなので、あまり心配するようなものでもない。あー、でもガレージ完備じゃないと辛いかな。そっちのハードルも高いか。

|

« 艦これアニメ延期だって | トップページ | KONKONさんの複視生活その4 »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
>おそらく現行車種の中では最もプリミティブなスポーツカー。
管理人さんの読みどおりロータスのキットカー時代の血統を受け継いで鉄管フレームとリヤリジッド(ドディオンになってるが)もそのままで当時の文法をそのまま、エンジンだけが環境対応したものに置き換わってる感じですね。今回の新エンジンで電動スロットになってるはず。

軽自動車規格のエンジンと細いタイヤとオープンデフでドライバーの負担を減らして、ちゃんと楽しめるハードルを下げてるのが良いと当方は思います。
ある意味速さを切って目線の低さとレスポンスを楽しむ・・・特別なモノに乗ってる感のみ抽出したように思えます。

>実際、価格に関していえばほとんど値落ちしないはず
素晴らしい観点ですね、当方は思いつきませんでした。

実用性は無いけど、古典スポーツカーの定番なので言われてみればその通りだと思います。

以下個人的な妄想・・・
維持費を可能な限り下げたい層の古典スポーツのマーケット用スーパー7にならないかと考える
・超小型車=125cc or 8KW以下 車検有(トヨタCPOD)
・ミニカー=50cc or 0.6kw 車検無 (トヨタコムス)

超小型車枠は車検があるので、軽自動車枠とあまり変わらないですね 不可。

ミニカー枠は光岡製があるのでこれを魔改造した方が良さそう。

投稿: あさくら | 2022/11/26 09:57

なるほど。もっと小さい方に展開するってことですか。「速さを切って目線の低さとレスポンスを楽しむ」を突き詰めた感じですかね。交通量が多いところだと怖そうですが、走るところを選べばアリかもしれません。光岡はもうミニカーって作ってないんでしたっけ。走行可能なクルマを探すのが難しそうです。

投稿: KONKON | 2022/11/26 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これアニメ延期だって | トップページ | KONKONさんの複視生活その4 »