« タマネギの苗作り | トップページ | 二輪も電動 »

閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-

2018年10月期のアニメの感想。二十三本目は「閃乱カグラ SHINOVI MASTER -東京妖魔篇-」。
閃乱カグラっていうとビジュアルをあちこちで見かけることがあって、わりと目に馴染んだ存在なのだが、アニメを通してみるのは初めてかもしれない。元はゲームのはずなんだよな。wiki見たら「ジャンル:爆乳ハイパーバトル」だって。うん。間違いない。アニメも二作目とのこと。一作目を見ていなくても、別にどうってことなく見ることができた。忍の少女たちがいろんな陣営に分かれて競い合っているっていう枠組みがあって、そこに忍を滅ぼそうとする妖魔の勢力が介入してくるっていうのが大筋っぽい。ストーリもテーマもわかりやすく、その上であられもない姿の少女たちが戦う姿を見せるというのがコンセプト。放映時だけかもしれないけど、あちらこちらで白く輝く光が入りまくってエッチなんだか笑わせに来ているのかよくわからない状態である。もうみんなブレストファイヤーみたいな必殺技を持たせればいいんじゃないかという気になってしまった。

|

« タマネギの苗作り | トップページ | 二輪も電動 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タマネギの苗作り | トップページ | 二輪も電動 »