« 異形ステアリングってそういうことか | トップページ | 縦走時のスマホ »

商品力は上がったのか

『スズキ、SUV「エスクード」にハイブリッドモデル 燃費19.6km/Lで価格は297万円』(Car Watch)。
カタログ落ちしていたエスクードがハイブリッドになって帰ってきた。モーターの出力は24.6kW(33.4ps)というから、他社のハイブリッド、例えばヴェゼルの96wW(131ps)やヤリスクロスの59kW(80ps)とくらべるとかなり見劣りするものの、それでも市街地の一定走行時にはモーターだけで走るらしい。エスクードはハイブリッドであっても本格的な4WDになっているから、比較対象になるのはヴェゼルのほうだと思うけれど、e:HEV Zの4WDモデルが311万8500円なんだよね。対して、今度のエスクードは297万円。実際にはヴェゼルのオプションいろいろつけるともっと差が広がるんだろうけど、それでもこの価格差であえてエスクードを選ぶひとがどれだけいるんだろうかと思うと心配になる。6速AGSにハイブリッドを組み合わせて4WDで走るっていうシステムは気になるけれど、そこに惚れこむというほどのものではないと思うんだよなあ。燃費もWLTCモードで19.6km/Lっていうから最近のハイブリッドと思えない悪さだし。

|

« 異形ステアリングってそういうことか | トップページ | 縦走時のスマホ »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 異形ステアリングってそういうことか | トップページ | 縦走時のスマホ »