« だまされたとはいわないが | トップページ | 宇宙戦艦ティラミスII »

PRC製テレビがやってきた

居間の小さいテレビが壊れたので、電気屋さんに買いに行った。どうせ小さいテレビなんてロクに売ってないんだろうなあと思っていたが、数はそこそこあった。国産メーカーもあるが、コスパを考えるとどうしてもHisenseとかORIONとかになってしまう。結局、画質や機能を見比べて、Hisenseの24A40Gってのにした。同価格帯の中では一番画質がいい、っていうかエッジが効いていてハイコントラストなので店頭ではきれいに見える、っていうタイプ。主に使うのは家族なので、そちらの意見を尊重した結果である。無線LANが付いているってのもポイントだったが、PRC製であることを考えると悪さをしそうな危惧もある。今日、家に来たので設置したのだが、取説が曲がっちゃうような入れ方になっていたこと以外は、とりたてて悪いところは見つからない。初期設定も簡単だし、リモコンの操作に対するレスポンスも問題なし。っていうか、それまで使っていた古いパナソニックのものよりはずいぶんと快適に使える。これは市場を席巻するはずだわ。

|

« だまされたとはいわないが | トップページ | 宇宙戦艦ティラミスII »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だまされたとはいわないが | トップページ | 宇宙戦艦ティラミスII »