« 艦これ 【桃の節句】任務があらわれた | トップページ | 艦これ 【桃の節句】任務完了 »

はるかなレシーブ

2018年7月期のアニメの感想。十本目は「はるかなレシーブ」。
この方面疎いんで全然知らなかったんだけど、ビーチバレーってふたり一組のチームだったのか。いやあ、勉強になるなあ。というのはおいてといて、このアニメはそのふたり一組ってところに焦点を当てた作りになっている。主人公のひとり、比嘉かなたは小学生のころビーチバレーを通じて仲良くなった遠井成美と組んで強豪ペアとして名を馳せたが、かなたの身長が伸びなくなったことをきっかけにビーチバーから遠ざかり成美ともぎくしゃくした関係になってしまう。そんなかなたの家に居候に来たのが、もうひとりの主人公、大空遥。成美たちがビーチバレーの練習をしているのを見て興味を持った遥が、かなたを巻き込んでビーチバレーの世界に足を踏み出してしまう。といったところが導入部。スポーツアニメだけどスポ根ではないというさじ加減。戦いはそれなりに熱いけれど、絵面が華やかでそっちの方に気を取られてしまうのは欠点なのか美点なのか。

|

« 艦これ 【桃の節句】任務があらわれた | トップページ | 艦これ 【桃の節句】任務完了 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これ 【桃の節句】任務があらわれた | トップページ | 艦これ 【桃の節句】任務完了 »