« 内燃機関をあきらめない | トップページ | ノート オーラが酷評されている »

バルミューダのスマホ

『バルミューダの「BALMUDA Phone」はどんなスマホ? さっそく実機をチェック』(ケータイWatch)。
実はバルミューダが国内メーカーだというのを初めて知った。高いしスカしてるからてっきり海外メーカーかと。国産でもああいう売り方できるんだなあと。で、スマホ参入である。どうせ高いんだろうと思っていたから、SIMフリーモデルが10万4800円というのには大して驚かなかった。この値段でも売れるという判断があったんだろう。大画面化する一方のスマホであえて4.9インチで出してきたというのには好感を覚えるものの、適正と思える値段じゃないと手を出せない。スマホの世界はSoCによって適正な価格がある程度決まってしまっているので、それより大幅に高いものを買おうという気になれないのだ。そこらへんのユーザー意識を乗り越えるだけの製品ならいいんだけどね。とりあえずはお手並み拝見といったところか。

|

« 内燃機関をあきらめない | トップページ | ノート オーラが酷評されている »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内燃機関をあきらめない | トップページ | ノート オーラが酷評されている »