« e-SMART HYBRIDなロッキー | トップページ | 食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇 »

PERSONA5 the Animation

2018年4月期のアニメの感想。十本目は「PERSONA5 the Animation」。
実はこれを見る前に何年か前の年末でやっていた特番を見ていて、「なんだろうなあ、これ」みたいに思っただけで忘れ去っていたのだが、あれって、この「PERSONA5 the Animation」の続きだったんだね。見る順番間違えた。さらに調べてみると。もう一本続きがあったみたいで、こっちは完全に見逃している。なんでそんな変則的な放映の仕方をしているんだか。
作品そのものについては、キャラや演出もスタイリッシュでなかなかいいとは思うのだけど、敵側のキャラが薄っぺらくてどうしたもんかといったところ。好意的に考えればわかりやすさを狙ったんだろうと考えるところなんだけど、どうしても悪党なんてこんなもん、って見切っているだけにしか思えないんだよなあ。パレスもあんな感じだし。あ、もしかすると、改心させるのが目的だから、ひっくりかえりやすい単純な人間にするしかなかったのかも。

|

« e-SMART HYBRIDなロッキー | トップページ | 食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« e-SMART HYBRIDなロッキー | トップページ | 食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇 »