« つくもがみ貸します | トップページ | 今度はS-CROSS »

スバルの新型2.4リッター直噴ターボ

『スバルの新型「WRX S4」プロトタイプにサーキットで試乗 新旧乗り比べで走りの差を体感』(Car Watch)。
排気量は大きくなったけど、出力、トルクともに旧型より落ちているというのがどうしたもんかという感じ。フォレスタースポーツでも思ったけれど、もうスバルは前世代を超えることをあきらめてしまったのかなあ。出力以外でよくなっていることはきっといっぱいあるんだろうけど。まあ、WRXに載せたんだから、これからじりじりとスペックアップさせていくつもりなんだろうと期待しておこう。
記事のタイトルはWRXだけど、後半には同じエンジンを積んだレヴォーグについても触れられていて、こっちは現行1.8リッターターボに比べれば大幅なパワーアップだから、歓迎するひとも多いだろう。もうレヴォーグ買っちゃったってひとなら値段差が大きくても悔しがるひとも多そう。
気になるのは、このエンジンがフォレスターにも展開されるか、ってとこ。さすがに現行フォレスタースポーツでは物足りないひとも多いはず。ぜひフォレスターにも2.4リッターターボを載せてあげたい。

|

« つくもがみ貸します | トップページ | 今度はS-CROSS »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つくもがみ貸します | トップページ | 今度はS-CROSS »