« 艦これ 秋刀魚だけじゃなかった | トップページ | GR86発売 »

ヒナまつり

2018年4月期のアニメの感想。九本目は「ヒナまつり」。
原作好きだったんだけど、例によって途中で読むのをやめている。アニメ化されると知って、あの原作のおもしろさってアニメ化しにくいんじゃないんかと心配したのだが、思った以上に出来がよく原作以上に笑わせてもらった。新田がドラム缶に詰められる話とか、三島さんが働き過ぎてむやみに評価を上げていく話とか、最高。かと思えばアンズがらみの話ではホロリとさせられたりもするし。アンズちゃん、天使なんじゃないかな。その一方で新田は聖人にしか思えなかったりするわけだけど。
そういやあ、無人島に漂着してたマオって何者なんだろう。読んだ範囲ではまだ出てなかったような気がするんだけど。憶えていないだけかな。彼女が第一話冒頭の功夫少女だったってのに、最終話になるまで気が付かなかった。マオが日本に行くところでアニメは終わってるけど、その後で大きく物語が動きそうな感じ。気になる~。続編作ってくれないかな。

|

« 艦これ 秋刀魚だけじゃなかった | トップページ | GR86発売 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これ 秋刀魚だけじゃなかった | トップページ | GR86発売 »