« 艦これ 夏イベント2021 その3 『【地中海作戦】特務艦隊、遊撃部隊編成!』攻略 | トップページ | 艦これ 夏イベント2021 その4 E1-2甲クリア »

ハクメイとミコチ

2018年1月期のアニメの感想。十七本目は「ハクメイとミコチ」。
これも予備知識なしで見始めたのだが、一話目から惹きこまれた。主人公は、番組ホームページによると身長9cmのひと。9cmというとこびとというよりも妖精っぽいサイズだよな。大きなストーリらしきものはなく、主人公たちの暮らしを追っているだけの、いってしまえばファンタジックな日常系アニメなんだけど、小さいこと自体が驚きに満ちているし、ちょっとずつドラマチックなこともあったりして見ていて飽きることがない。虫や鳥に乗るぐらいはありがちなんだけど、米を炊いたりコーヒーをいれたりする手順なんかはこれまで見たこともない描写で感心した。9cmのひとがやるんだから、たしかにこうなるわなって。主人公たちがほぼ毎回酒を飲んでいるのもいい。サイズが小さいだけで、ちゃんと仕事を持った大人として描かれているし。あと、ミコチがなんだか祥鳳さんっぽくって、見ていているだけで和んだ。エンディングにちょっとした挿話をいれているのも好印象。たしか緑尾老の挿話は1話のエンディングだっと思うけど、最終話でこれを回収するとは思わなかった。お見事。

|

« 艦これ 夏イベント2021 その3 『【地中海作戦】特務艦隊、遊撃部隊編成!』攻略 | トップページ | 艦これ 夏イベント2021 その4 E1-2甲クリア »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これ 夏イベント2021 その3 『【地中海作戦】特務艦隊、遊撃部隊編成!』攻略 | トップページ | 艦これ 夏イベント2021 その4 E1-2甲クリア »