« 恋は雨上がりのように | トップページ | 4WDじゃないのか »

もしかすると結構いいところをついているのかも

『トヨタ、新型「アクア」 2600mmのホイールベースがもたらす走りと室内空間』(Car Watch)。
日下部保雄による新型アクアのインプレ。いつもどおりにざっくりとした感じで書いているが、スポーツ寄りのヤリスよりもゆったりしたコンパクトカーっていう評価らしい。実質、先代ヴィッツの後継っぽいと感じていたのは、そんなに間違っていなかったのかも。同じクラスで競合するのはフィットとノートあたりになるんだろうけど、昔ながらのコンパクトカーって感じがするのはアクアだな。ある時期のスターレットやファミリアなんかと似た印象がある。突出したところはないけれど、これで十分、みたいな。クルマ作ってる側からみたら誉め言葉になっていないんだろうけど。

|

« 恋は雨上がりのように | トップページ | 4WDじゃないのか »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋は雨上がりのように | トップページ | 4WDじゃないのか »