« スクランブラー 1200 スティーブ・マックイーン Edition | トップページ | 上海モーターショーはにぎやかでいいなあ »

君の名は。

いまさらだけど、2018年の正月に放送されていた「君の名は。」を視聴した。
映像もお話もきれい。ヒットしたのわかるわ~、といった内容だった。いろいろ突っ込みたいところはところもあるけれど、そういうのはうっちゃって純粋に楽しむのが吉。すれ違いモノを代表する「君の名は」のタイトルを持ってきたというのも秀逸。このタイトルを使うにあたってはなにかしら覚悟するものがあったんだろうなあ。
気になったのはお話の舞台で、糸守湖はパッと見、諏訪湖っぽく見えるけとど規模的にはだいぶ小さそうだなあとか思っていたら、写真展かになかのシーンで飛騨のところに糸守湖の写真が展示されていてあれっとなった。その後、瀧が三葉を探しに行くシーンでは、名古屋駅から高山に向かっていて、糸守ってあのあたりのイメージだったのかと。でも、糸守湖にあたるものはないけどね。あとから、Wiki見たら飛騨古川だったらしい。御嶽山四ノ池が御神体のあるカルデラにそっくり、とも書いてあって、ちゃんと放映時に見ておけばよかったなあと。2018年の8月に四ノ池のカルデラの外輪山である継子岳に登っていたのだ。絶対見えていたから感動もひとしおだっただろうに。

|

« スクランブラー 1200 スティーブ・マックイーン Edition | トップページ | 上海モーターショーはにぎやかでいいなあ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スクランブラー 1200 スティーブ・マックイーン Edition | トップページ | 上海モーターショーはにぎやかでいいなあ »