« なんで飲める飲めないの話になっているんだか | トップページ | 君の名は。 »

スクランブラー 1200 スティーブ・マックイーン Edition

『トライアンフ、世界限定1000台「スクランブラー 1200 スティーブ・マックイーン Edition」6月発売 219万6400円』(Car Watch)。
スティーブ・マックイーンといえば、日本人としてはホンダのオフロードバイクのCMが思い起こされる。なんでトライアンフって一瞬思ったけれど、別に不思議でも何でもない。記事を読むと1963年公開の映画「大脱走」でTriumph TR6を走らせていたらしい。「栄光のル・マン」なんてのも代表作だし、もともとカーレースやオートバイ乗りのイメージが強い俳優だ。その流れで、ホンダのCMに出てるってだけか。
それにしても、マックイーンって1980年に亡くなってるんだな。享年50なんて若すぎる。このモデルはおそらくリアルタイムでマックイーンに憧れていた層に向けていると思うんだけど、さすがに対象年齢年齢層が高過ぎないか。

|

« なんで飲める飲めないの話になっているんだか | トップページ | 君の名は。 »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんで飲める飲めないの話になっているんだか | トップページ | 君の名は。 »