« キャプチャーとSUV 2008 | トップページ | ココログの横に並んでる記事 »

EVの充電ってこんなかんじなのか

『プジョーe-2008アリュール(FWD)クルマばかりが進化する』(webCG)。
e-2008に対しては、全体的に好意的なレビューになっている。その部分はまあいいんだけど、後半にちょっと気になることが書かれていた。記事のタイトルにもなっているけど、クルマだけがよくなってもね、っていう話。いわく『「急速」をうたいつつも“言い値”通りに充電できず、想定外の時間を要することが少なくない』とか『急速充電器は30分タイマー付きで運用されていることが多い。そのため「80%充電に50分」と説明されている今回のe-2008でも、実際には「10kWh分程度しか充電できない」』とか。これってかなり深刻な問題だよね。充電って時間いくらみたいな料金のところばかりなわけだし。それなのにあまり話題になっていない。今EV乗ってるひとって、こういうことは目をつぶってもEVにするべきと思っているようなタイプが多いということかなあ。こういうのってEVを普及させるためには間違いなく障害になるから、EVに関心の薄いひとたちに大規模モニターでもやってもらって、問題になりそうなところを洗い出しておくべきなんじゃないか。補助金出してアーリーアダプターばかり優遇するだけが普及策じゃないぞ。

|

« キャプチャーとSUV 2008 | トップページ | ココログの横に並んでる記事 »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャプチャーとSUV 2008 | トップページ | ココログの横に並んでる記事 »