« 艦これ 友軍くるのか | トップページ | ACCA13区監察課 »

けものフレンズ

2017年1月期のアニメの感想。十本目は「けものフレンズ」。
一時期やたらと話題になっていたので、どんなものかなあと思っていた。というか気になってるんなら、すぐに見ろよって話なんだが。まあ、そこはKONKONだし、ってことで。
見てて思ったのは、あーこれ、設定そのものがメインのお話だなあってこと。一応、かばんちゃんが自分が何の動物かを知るために図書館を目指すという筋書きはあるものの、舞台が広大な遊園地「ジャパリパーク」であることや、その遊園地がもう打ち捨てられていて機能していないにも関わらず、フレンズたちが何も知らないまま生活しているらしいことなんがわかってくるにつれて、どういう設定のお話なんだろうとか、どうしてこんな状態で放置されているのだろうとか、そちらばかり気になってしまう。あ、それだけでもないか。かわいいはずの吉崎キャラなのに、いかにも3D然とした不安を誘うような動きのミスマッチにも妙に心惹かれたりしたし。幕間の動物園のおにいさん、おねえさんの聞き取りにくい解説にイラっとしたりもした。日本語にも字幕付けてくれればいいのに。

|

« 艦これ 友軍くるのか | トップページ | ACCA13区監察課 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 艦これ 友軍くるのか | トップページ | ACCA13区監察課 »