« 花火は中止 | トップページ | 冬に向けて »

ろんぐらいだぁす!

2016年10月期のアニメの感想。十七本目は「ろんぐらいだぁす!」。
原作も途中まで読んでいたので、どんな出来になっているかなあと視聴を始めた。結論から先にいえば、普通の出来。キャラは三宅大志っぽさが出せていないけど、アニメならまあこんなもんだろうというレベル。ストーリはほぼ原作どおりの流れに少し切り貼りした感じかな。だいぶ前に読んだのであまり覚えてないけど。あ、でも11話、12話は見てないので、そっちのほうはなにかあるのかも。録りためたものを消費していくスタイルだと、番組中に次の放映日を知らされてもどうしようもないんだよね。ある程度ならレコーダが追跡してくれるっぽいけど、これみたいに1か月以上跳ばされてしまうとそれも無理。ちゃんとリアルタイムで見なきゃ、ってことなんだろうなあ。

|

« 花火は中止 | トップページ | 冬に向けて »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花火は中止 | トップページ | 冬に向けて »