« ルーテシア リミテッドの続き | トップページ | レガリア The Three Sacred Stars »

リアディスクブレーキ

ルーテシアのことを調べていて思ったんだけど、リアディスクブレーキってCセグメントあたりから付くようになるんだね。これまでは何となくメーカの差とか車種の差かなあと思っていたんだけど、いろんなメーカーのを見ているとどうも、世界的にそういうことになっているみたい。もちろんスポーツ系のモデルは別で、標準モデルの話。昨日のルノーの話でいえば、ルーテシアはリアドラムだけど、メガーヌはリアディスク。Cセグメントにあたるはずのカローラスポーツもリアディスク。Bセグメントのバレーノはリアドラム。何かとベンチマーク的に見られることが多いVWだと、ゴルフはリアディスクでポロはリアドラム。この傾向をこの国ではやりのミニバンに当てはめてみるとおもしろい。ノアはガソリンモデルのほとんどがリアドラム。それに対してヴェルファイアには最廉価モデルからリアベンチレーテッドディスクがおごられている。こういうところのお金のかけ方を見ていると、ノアはヴィッツクラス。ヴェルファイアはカローラスポーツよりも上のクラスぐらいの意識の差があるんじゃないかと思える。一方、セレナとエルグランドでくらべると、セレナはリアディスク、エルグランドはリアアベンチレーテッドディスクとなっていて、日産の意識としてはセレナはCセグメント相当と思っているような感じだ。案外、セレナが売れているのはこんなところが原因だったりして。

|

« ルーテシア リミテッドの続き | トップページ | レガリア The Three Sacred Stars »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアディスクブレーキ:

« ルーテシア リミテッドの続き | トップページ | レガリア The Three Sacred Stars »