« 艦これ 61人目は伊8改 | トップページ | 艦これ 冬イベント2019 その7 おしまい »

タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~

2016年7月期のアニメの感想。十六本目は「タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~」。
第一話は録り逃して見ていないが、たぶんあんまり影響はないと思う。第二話から見始めて思ったのは、これ、教育アニメじゃないか、ってこと。たいてい録画するときには放送時間なんか気にしていないので気が付かなかったが、これは土曜日の朝に放送されていたらしい。さもありなん。それにしては、CMが子供向けでないところが、すごい違和感。これ、視聴者層とCMが合ってないんじゃないかねえ、と心配になった。
中身は電気工学寄りの科学者たちを年代順に追っていく内容になっていて、技術史の入門にぴったり。これ、テレビ東京系だけど、NHK教育でもよかったんじゃないのと思える。たまにはこういうのもいいね。

|

« 艦これ 61人目は伊8改 | トップページ | 艦これ 冬イベント2019 その7 おしまい »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~:

« 艦これ 61人目は伊8改 | トップページ | 艦これ 冬イベント2019 その7 おしまい »