« 艦これ ひさしぶりに元帥になっていた | トップページ | 大北海道展に行っても何も買わない »

ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 未来編

2016年7月期のアニメの感想。十五本目は「ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 未来編」。
これの前のヤツって見た憶えはあるんだけど、モノクマ以外はほとんど記憶に残っていないなあ。っていうか、「2」っていつの間にやったんだろう。どうせ覚えていないから、それほど問題ではないんだけど。というわけで、ほとんど新規の視聴者のつもりで見始めたのだが、ヤバい、まったく前の話を思い出せない。モノクマのキャラが強すぎるのが悪いんじゃ~っ。今回はなのか今回もなのかは知らないが、閉じられた環境の中で殺し合いを強いられる話で、あんまり趣味がいいとはいえない。バックにあるらしい「絶望」と「希望」の戦いについても単語が出てくるだけに近いのでよくわからない。ただ、最後まで追いかけようという気にはなったので、なにかしら惹かれるものを感じていたはずなんだよなあ。何が気に入ったんだろう。

|

« 艦これ ひさしぶりに元帥になっていた | トップページ | 大北海道展に行っても何も買わない »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園- 未来編:

« 艦これ ひさしぶりに元帥になっていた | トップページ | 大北海道展に行っても何も買わない »