« 2018年9月 | トップページ

艦これ 2018年の秋刀魚漁日報 その9

今日の秋刀魚漁は1-1で1尾、1-5で3尾、1-6で1尾。1-1と1-5がようやく復活したようにみえる。1-1については通常のキラ付け出撃じゃなくて、ガチ秋刀魚漁支援装備の6隻編成だけどね。これまでは同じような編成でもちっとも出なかったからなあ。まあ、1尾だけだからたまたまなのかもしれんけど。1-6はゲージを割ったのでこれで終了かな。上ルートは6周して4尾獲れたのでわりと効率のいい海域のように思う。
北方海域は来週のウィークリー任務が出てから行くとして、やっぱり中部海域も覗いておきたいなあと、5-3を割ってみた。ラスダン以外は、支援なしでやっていたけど、5回出撃してボス到達が1回ぐらいで、ちょっとこれはやってられないという感じだった。最後は前衛支援入れて、一回で割れたけど。そうして、二期になって初めて臨む5-4は、まずは『新編成「三川艦隊」、鉄底海峡に突入せよ!』をクリアしようってことでやっているのだが、五航戦入りの上ルートでやると、初戦の潜水カ級eliteがかなりやっかい。先制の都合で対潜艦はいれられないから、ひたすら忍ぶしかない。3回出撃してボス到達ゼロ。先が思いやられるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 2018年の秋刀魚漁日報 その8

もう30尾獲り終わったんで、わりとどうでもいい気になっているんだけど、惰性で続ける。今日は1-6で2尾。3-2、3-3には出撃していない。1-1、1-5は出撃しているんだけど、まったく出ない。やっぱり出撃しない状態じゃないと、漁場を休ませることにはならないみたい。秋刀魚漁はそんな感じで、あとは5-3攻略中。支援艦隊なしでやってるんだけど、やっぱりよく大破撤退する。ボスにさえたどり着けば、S勝利は固い、って感じなんだけどなあ。秋刀魚漁中に6-5まで行く理由もなくなったから、気長に進めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 2018年の秋刀魚漁日報 その7

今日は3-3が2尾、1-1が1尾、1-6が1尾の計4尾。通算30尾となって秋刀魚漁任務完了。最後の選択報酬はもちろん、GFCS Mk.37。射程中になる小型電探なので、駆逐艦のキラ付けに最適。装備の切り替えが面倒だけど、確実にMVP取らせたかったらかなり役に立ちそう。いきなりフル稼働しそうな気配。
29尾目で北方任務が終わって、残りをどこで獲ろうかなあと考えた結果、6-5開放までの道のりは遠い、ということで1-6上ルートを試すことにした。1度目は編成を間違えて中ルートに行ってしまい、2度目に編成を直して上ルートに行ってJマスで秋刀魚ゲット。これでひと段落。あとは、普段どおりウィークリーやデイリー任務をこなしながら、運がよければ秋刀魚が獲れるくらいの感じでやることになると思う。しかし、結局、海域開放は5-3止まりのままか。一期は5-4がおいしい海域らしいってことだったので、5-3をクリアしようという動機付けになったけど、二期はそういうこともないしなあ。これはもう、このままになっちゃいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 2018年の秋刀魚漁日報 その6

今日は3-2が4尾、3-3が1尾の計5尾。1-1はまったく獲れない。漁場を休ませれば回復するということだけど、キラ付けに多用せざるを得ない1-1はもう回復しないんじゃないだろうか。ちなみに一昨年の記録だとは毎日行っていてもそんなに枯れる様子なかったんだよな。去年の記録は見つからなかったから何ともいえないけど、仕様が変わったのかもしれん。と思ったら、去年はここに書いていた。やっぱり、1-1はコンスタントに獲れていたようだ。う~ん。まあ、何にしても1-1には出撃せざるを得ないから、いつもの装備で行くことにしよう。
ここからは、ウィークリーの北方任務をやりながら、どこまで30尾に迫れるかというところ。北方任務終わってもまだ30尾に届かないようなら、6-5開放を目指さなきゃいけなくなるかも。2期の海域、まだ5-3までしか開放してないんだよなあ。間に合うのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 2018年の秋刀魚漁日報 その5

少しまじめにやってみようと、漁装備を満載して3-2下ルートへ行ってみた。結果は3周して5尾。すごい効率いいやん。あっという間に枯れるパターンなのかなあと怖いものの、枯れるまでは通ってみよう。
ついでにキラ付けではなく秋刀魚目的で1-1にも出てみた。6隻艦隊でいろいろ入れ替えつつも漁装備満載。こちらは、6周して1尾。うーん。まだ1-1なんてそんなに獲れてないんだけどなあ。どのくらい獲ったら枯れるようになってるんだろう。さらにひどいのが1-5でボスに向かうルートだとどんな編成にしても出なくなってしまった。逸れた先のルートなら出るんじゃないかなあと思いつつも、損害が大きくなりそうなので、試していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 2018年の秋刀魚漁日報 その4

今日は仕事だったので、ほとんど回れなかった。3-2で1尾、3-3で2尾。計3尾。1-1、1-5はすっかり出なくなったなあ。1-5については海防艦一隻引っ込めて、瑞雲、カ号、探照灯装備の日向をいれてみたりしたんだけど、とりたてて効果なし。最初のうち、いつもの調子で対潜シナジー装備でやっていたのが悪かったのかも。そうだとしたら、この枯れっぷりはまったく割に合わないなあ。漁場が荒れる前には大量に獲れるとかでもないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 2018年の秋刀魚漁日報 その3

秋刀魚漁用の海域には出ず、漁装備の艦まじりでデイリーとかウィークリーとかキラ付けをやっただけで終わってしまった。というわけで、今日は、1-5で1尾、3-3で1尾の計2尾。これで10尾任務完了。褒賞は三択x2から、戦闘詳報と補強増設x2を選択。戦闘詳報はあまり悩まなかったが、補強増設はWGとどっちがいいか悩んだ。WGは5つ持ってるからこれ以上母港の装備枠圧迫するのもどうかなあ、ってことで補強増設にしておいた。なんだかんだで使うしね。これ。
で、秋刀魚獲らずになにやっていたかというと、日常のこまごましたことと畑仕事。台風が来たり、初秋イベやっていたりで、しばらく畑やってなかったから。ニンニク植え付ける準備と、サツマイモ掘りをしていた。今年のサツマイモは意外にも豊作。夏の異常高温と日照りでサツマイモまでが枯れるのか、とびびっていたけど、何とか生き延びて平年並みの気温に戻って雨が降るようになったら一気に盛り返した。すげえなサツマイモ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 2018年の秋刀魚漁日報 その2

そういえば「日報」って書いたんだっけ、と今思い出した。
というわけで、今日の成果は4尾。1-1が1尾で3-5が3尾。3-5はウィークリーの北方任務をEO攻略ついでにやっていただけで、特に秋刀魚漁のためではないのだが、4回のボス到達のうち3回秋刀魚が獲れた。そこだけ見ると率としては悪くないのだが、ボス到達率が低いのでバケツの使用がかさむ。1-5は何回か回っているんだけど、なかなか出てくれない。無改造海防艦のレベリングを兼ねているのだ、あまり秋刀魚漁装備も積めないし。このあたりは仕方がないか。明日は3-3にでもいって、真面目に漁をすることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 2018年の秋刀魚漁日報 その1

昨日から始まった鎮守府【秋刀魚】祭り。イベント終わったばかりだし、あんまりやる気が出ない。平日だしデイリーとキラ付けやっとこう。という感じで、ほとんど漁向けの装備をせずに、普段どおりに海域を回った結果、1-1で4尾、1-5で1尾という結果になった。とりあえず、秋刀魚3尾任務の『秋刀魚漁:今秋の「秋刀魚」も上々ね!』は達成できた。褒賞は三択のふたつのなかから、戦闘糧食x3と改修資材x3を選択。漁装備はもうあるし、開発資材なんかいらないしという消去法の結果である。まあ、3尾だしこんなもんだよね。休みの日にはもうちょっとがんばって、10尾任務、30尾任務を目指すことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 艦これ 初秋イベント2018 その13 おしまい

初秋イベント2018 『抜錨!連合艦隊、西へ!』も今日のメンテ入りを以て終了。全海域甲突破できたし、新艦も全部手に入れたので大満足といいたいところだが、最後の堀がいまひとつだったかな。Prinz Eugen、の二隻目を狙っていたのに出なかったよ。でも、全体としてみれば、伊400、伊26、Commandant Teste、Bismarckが拾えたし、Gotland
の二隻目も手に入れたし、そんなに悪いもんでもなかったのかな。レア駆逐でいえば二隻目の親潮も来たが、取り立てて使いみちも思いつかないので、母港の肥やしになる予定。海防艦は福江の二隻目。これは素直に海防艦改修に使わせてもらおう。択捉型は同型艦が多いから、海防艦改修にはありがたい。一方、甲作戦で頑張って取った装備だが、何といってもE5報酬の、16inch Mk.I三連装砲改+FCR type284とJu87C改二(KMX搭載機/熟練)が使い勝手がよさそう。この先、役立ってもらうことになるだろう。
で、メンテ明けでいきなり秋刀魚漁とか。こっちはこっちでいい装備がもらえるかもしれないので、がんばらなきゃ。次のイベントまでに資源回復させられるんかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ Nelson Touchって

Nelson Touchって、複縦陣ってだけでは出ないのか。今日になってようやく知った。これまでも、E5-3掘りで第二陣形をときおり選んでは、ちっとも出ないなあなんて思っていたのだが、まさか艦の並びも影響していたとは。攻略Wikiによると、「3番と5番艦が空母系・潜水系だと発動しない可能性が高い」とのことだから、完全に当てはまっていた。並びを変えてやってみたら一発目で出たよ。砲撃戦の初めに出るものだとばかり思っていたんだけど、Nelsonの順番まで回らないと出ないのな。そして威力は今のところたいしたことなし。同時に攻撃する勘がまくクリティカル当ててくれれば強力なんだけど、そこまで運がいいことはあまりなそさそう。もう少しやってみて、あまり強くなさそうなことがわかったら、封印しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 初秋イベント2018 その12 E5-3掘り

初秋イベ2018の完走後は、時間を見つけてはE5-3掘りをしている。最初のうちはS勝利できていたのに、この頃はA勝利ばかり。編成も装備も変えてなくて、こちらのレベルが上がっているのに、どうしてこうなってしまったのか。
愚痴はともかくとして、今のところの周回数は44。うち、S勝利が14、A勝利が23、大破撤退が7。めぼしい成果は、Gotland、Bismarck、Mマスで福江といったところ。レア艦としては、Mマスで時津風、風雲、磯風も出ている。いろいろ出るらしいから回ってみよう、ぐらいのノリでやっているのであまり焦燥感はないものの、もう少しあたりを引きやすいのじゃないかと思っていた。S勝利出来ていないのが敗因だとは思うけど。今回はこれくらいで終了かな。あと数回は回ってみるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 52人目はArk Royal改

初秋イベ2018、E5-3の攻略中にArk Royal改がレベル99になったので、あたりまえのようにケッコンカッコカリ。
E5-3では特効に期待して旗艦に置いていたのだが、決まれば強いのは確かだったものの、ほとんど二巡目では中大破を食らって、これが女騎士属性か~、とか思ったり。実のところ女騎士モノの話ってあんまり読んだことがなくて、イメージの8割方は「女騎士さん、ジャスコ行こうよ」のせいなんじゃないかという気がする。Ark Royalのことをクッコロさん呼ばわりしてしまうのは、だいたいこれのせい。キャラクターデザイン的には好きなんだけど、ユニットしての性能がどうってのは実はあまり気にしたことがない。今回のイベントを含めてシビアな使い方したことってないんだよなあ。そのあたりはこれからおいおい理解していくこととしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 水上反撃ってこんなに難しかったっけ

二期になって二度目のマンスリー任務『「水上反撃部隊」突入せよ!』をやってみたら、これがずいぶんと手強い。たまたま一度目がうまくいったせいで、一期とたいしてかわらないじゃんと思っていたのは間違いだった。今はイベント期間中ということで、警戒陣が使えるが警戒陣を使っても、道中がなかなか抜けられない。少なくともBマス、Fマスは普通に単縦陣で殲滅を狙った方が抜けやすい。三戦目のEマスは警戒陣の方がいいかなあ。それを抜けてもまだヲ級flagshipとル級flagshipが計3隻いるボス艦隊が待ち構えているわけで。四戦目しなって燃料・弾薬ペナルティー付きの水上反撃編成では昼戦は絶望的。なんとか攻撃を耐えきって夜戦に持ち込むしか勝ち目はないんだけど、燃料ペナルティーのせいでそれも難しい。これはもう、やらない、っていう選択肢もアリじゃないかなあ。今回はイベント期間中なのでバケツジャブジャブ使うのに抵抗がなくて、10回ぐらいリトライしてクリアしちゃったけど、備蓄中はそんなこともできないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 秋刀魚祭りが盛況らしい

艦これのリアルイベント、秋刀魚祭りが盛況らしい。名古屋でも開催されるから行ってみようかとも思っていたが、予約サイトにまったく入れないので、断念。今日はお品書きがアップしたひとがいて、それを見る日本酒はやその他アルコールが520円。日本酒520円ならけっこうお値打ちかも。量とか味は知らんけど。考えてみれば、艦娘というか、軍艦関連の名前が付いている酒ってあんまり呑んだことないな。最近だと、泡盛のカリー春雨ぐらいか。ウィスキーの明石とかはよく見かけるけど買ったことないな。浦霞は一時期よく呑んでたけど、浦風なんだか霞なんだかっていうネーミングだし。旨いんだけどね。あ、赤霧島はよく呑む。これも赤城か霧島かよくわからんといわれればそうなんだけど。初霜は酒というより米だし。菊鷹になると菊月だか古鷹だか大鷹だか、菊はともかく鷹が付く艦は多すぎかも。そういえばご当地のねのひ、ってのがあったな。ほとんど呑んだことないけど、どうなんだろ。扶桑鶴はよく行く酒屋に置いてあるんだけど、買ったことがない。扶桑が鶴姉妹になっちゃって、山城の不幸がMAXになりそうな名前だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジムニーシエラのインプレ

『ジムニーとは違うのだよ』(WebCG)。
タイトルはアレな感じだが、ジムニーシエラのインプレが載っていた。シエラに関して気になることといえば、ジムニーに比べてトレッドが広がった分、乗り心地や操安性にどう影響するかというところなのだが、あまりそのところにスコープを当てたインプレって見たことがなくて、そういう意味ではこのWebCGのインプレはありがたい。前の型のジムニーっていうかAZ OFFROADに乗っていていちばんつらいなあと思ったのが高速道路の移動だったから、その点が改善されているのなら、買う気もずいぶん増すというもの。まあ、今すぐじゃなくて、次の次の買い替えぐらいを狙っているわけだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型KATANA

『スズキ、新型「KATANA」発表。海外向け大型2輪車として2019年春販売開始』(CarWatch)。
なんかひさしぶりのKATANAである。KATANAについてはオリジナルが最高というか、オリジナルしか認めないっていう声が強いように感じるので、リバイバルっていう手もあったと思うのに、しっかり新型として出してきたことに敬服。3型KATANAは近未来風なデザインで失敗(?)したのに対して、今度のKATANAは今風のテイストで作り込んできたというか、今風のバイクにKATANA成分を押し込んだようなイメージ。どう評価されるのか、他人事ながら楽しみだ。KONKONとしてはパフォーマンスに妥協がなければ、これはアリだと思う。なんだかんだいって、最初のKATANAって、スペックも世界最速レベルだからよかったんだし。一歩引いたKATANAだったら欲しくないや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 51人目はBismarck drei

初秋イベ2018、E5-2の攻略中にBismarck dreiがレベル99になったので、何も迷わずにケッコンカッコカリ。
海外戦艦の中では一番好きで、普通に使っていれば最初にレベル99になるのはこの艦娘だろうなあと思っていたのだが、気が付いてみればイタリア勢に追い越されていたという。たぶん、連合艦隊の第二艦隊が一番輝くシチュエーションだから、通常海域で起用しようという気にあまりならなかったせいだろう。今回のE5-2でも当初は第一艦隊にいたのをラスダンで沼りそうになったので、第二艦隊に編成替え。トドメこそ刺さなかったが、フィニッシャーにつなげる重要な役目を果たしてくれた。今はE5-3掘りでじりじりとレベルを上げている最中。イベント期間も延びたらしいので、このままイタリア艦のレベルを抜いてしまうのは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 初秋イベント2018 その11 E5甲クリア

初秋イベ2018、E5海域『『全力出撃!新ライン演習作戦』の第三ゲージを甲で突破。
E5-2済ませてしまえばギミックはあるけど、そんなにきつくなさそうに思っていたのに、全然そんなことはなかった。ルートを出すギミックはともかくとして、ラスダン突入後の装甲破砕ギミックがきつかったし、装甲破砕してもなかなかクリアできなかった。最初の潜水艦マスが怖くてForce Hでやったのも悪かったし、ちゃんとボス戦で航空優勢とれていないのに気が付くのが遅かったのも悪かった。そのうち、道中でも事故り始めるし。
結局最後までForce Hでやった。突破時の編成は、第一艦隊がArk Royal改(107)、Warspite改(98)、Гангут два(98)、瑞鶴改二甲( 132)、大鳳改(126)、Aquila改(98)。第二艦隊がJervise改(69)、神通改二(129)、木曾改二(127)、Верный(122)、霞改二(127)、雪風改(94)。まさかAquila投入で戦局が変わるとは思わなかった。制空って大事だねえ。ラストは霞の魚雷C/I。さすが霞ちゃん。ボスルート開通後の戦績は大破撤退8、D敗北1、C敗北1、A勝利9、S勝利1。
主なドロップは、ボスマスA勝利でGotland、HマスS勝利で天津風、Commandant Teste。Gotlandが来てくれてよかった。これで掘りをやらずなすむ。といいつつ、イベント期間中はぽつぽつ掘るつもりだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ