« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

新型メガーヌ ルノー・スポール

『ルノーの新型「メガーヌ ルノー・スポール」、絶妙な俊敏さと安定性のバランス』(CarWatch)。
おっ、新しいメガーヌにもルノー・スポール(以後R.S.)が来たか、と思って読み始めた。全体的に好意的な印象になっているのはいいとして、全幅1,875mmというのにびっくりした。最近のCセグメントは大きくなっているというのはわかっていたけど、メガーヌってもう少しコンパクトなイメージだったんだけどなあ。普通のメガーヌはどうなんだろうと思って調べたら、1,815mm。やっぱり、そのくらいだよねえ。ちなみに同じクラスの国産ではアクセラが1,795mm、カローラスポーツが1,790mm、シビックハッチバックが1,800mm。シビックといえばTYPE-RがR.S.相当だよな。TYPE-Rだと1,875mmで、メガーヌ R.S.とまったく同じになっている。ふーむ。今はこれくらいのサイズなのね。ちなみに価格は、シビック TYPE-Rが4,500,360円、メガーヌ R.S.が4,400,000円とこれも接近している。TYPE-Rのいかにもなスタイリングが恥ずかしいと感じるなら、メガーヌ R.S.はいい選択肢となるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 持参装備も変わっていたのか

吹雪型駆逐艦の持参装備が12.7cm連装砲A型になったのは気が付いていたが、他にも持参装備が変わったものがあるらしい。ちゃんと調べたわけではないので、漏れがいっぱいありそうだが、とりあえず初春型の改にすると61cm三連装(酸素)魚雷を持ってきたくれるとか、綾波を改にすると12.7cm連装砲B型改二とかはわかった。このふたつの装備はわりと入手が難しい、というか面倒くさいので、さっそく綾波と初春をひとりずつ牧場し始めた。この頃に実装された駆逐艦はだいたいレベル20で改にできるから、ひとり出荷したらひとり捕まえるくらいのペースでも十分量産できそう。そうなったらそうなったで、また母港を拡張しなきゃいけなくなるから、運営の思うツボってヤツかもしれない。
(追記)夕張改の持参装備が14cm連装砲に変わっている。あんまりこれを必要とすることはないだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ バケツが減っていく

二期になってリニューアルされた海域の攻略法が定まらないせいかもしれないけど、普通にウィークリィを進めているのにバケツが減っていく。一期の時はバケツが余って無駄遣いしていたくらいなのに。特に東方任務を4-2でやっていると、頻繁に大破を食らう。ルートも安定しないし、4-3とかでうまくボスに行けるルートを探した方がいいかもしれない。
リセットされてしまった海域の再攻略をしているのも効いている。今は5-3に入ったところだけど、あそこも大破撤退多いからなあ。イベントも近いことだしあまり根をつめないようにほどほどにしておこう。とはいえ、3-5と4-5くらいは片付けておきたいかな。あと三日あるからなんとかなるでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rewrite

2016年7月期のアニメの感想。五本目は「Rewrite」。
Keyのゲームが原作らしい。Keyのゲームはこれまでやらずじまいなので、どんなものかと思って見始めたのだが、あまりたいしたものでもないなあと思った。アニメ化が悪いのか原作が悪いのかはわからないが、特に確かめる気もない。今調べてみたらゲームとしては、2011年6月24日発売。キャラクタ造形の感じはもう10年くらい古いように思える。ストーリとしては、2ndシーズンがあるみたいだから、そっちも見ないと何ともいえないけど、これ単体で見ると中途半端としかいいようがない。2ndシーズンありきなら、そっちに興味を引き付けなきゃいけないのに、つまんない終わり方だけど、これはこういう話だったのね、って納得してしまいそうになる。うっかり2ndシーズンを見逃して終わり、ってのもありそうでこわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 伊勢改二任務完了

伊勢改二任務でひとつだけ残っていた『航空戦艦用強化型新主砲の研究』がようやく終わった。試製41cm三連装砲のmax改修を作るのに思った以上に時間がかかった。改修エサとなる41cm連装砲がなかなか手に入らない。最初はときおりドロップする陸奥から剥いでいけばなんとかなるかなあぐらいに思っていたんだけど、いざ集めるとなると陸奥がなかなかドロップしない。仕方がないので、ドロップした陸奥を牧場してなんとか集めた。気が付いてみれば、任務を終えたというのに、まだ牧場中の陸奥が四人いる。せっかくなんで、このまま16inch三連装砲 Mk.7改修になだれ込みますか。あれもなかなか進まないんだよねえ。あ、それよりも今回の任務で手に入れた、41cm三連装砲改二の改修が先か。まだまだ陸奥牧場は続きそうだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気が付いたらこんな時間

風呂出てからうつらうつらしていたらこんな時間になってしまった。いかん。疲れてるんかなあ。ちゃんと寝よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブライブ!サンシャイン!!

2016年7月期のアニメの感想。四本目は「ラブライブ!サンシャイン!!」。
前作もわりと好きだったので、その流れで視聴。まあ、でもこのシリーズってある種のスポ根モノだよなあ。魔球とか必殺技がない分はキャラの可愛さで補う、みたいな。魔球じゃあグッズ売れないけど、キャラなら買いまくってくれるひとも多いってことを思えば、商売としては正常進化かもしれない。
そんなわけで、今回もいろんなキャラを取り揃えている。KONKONの好み善子ちゃん。ずいぶんと陳腐化してる気もするけれど、中二病をこじらせているキャラっていいよね。ダイヤも好きだからただの黒髪好きの可能性もなきにしもあらず。
作品の舞台となる沼津市内浦は、沼津でも田舎の方なので、アニメでこれだけ有名になっちゃうと沼津のイメージが変わっちゃいそう。っていうか、沼津って市街地しか知らなかったんだよね。伊豆に行くといったら通過しちゃうようなポイントだし。行ってみたいという気になったけど、今も聖地巡礼しているひと多いんだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルスラーン戦記 風塵乱舞

2016年7月期のアニメの感想。三本目は「アルスラーン戦記 風塵乱舞」。
第一期でもそう思ったけど、何で今さらアルスラーン戦記という気持ちがさらに高まった作品だった。次の巻が出るのを楽しみにしていた頃からもうどれだけ経っただろう。いつの間にか待つのをやめて、さらに存在を忘れてからずいぶんと時間が経ってからのアニメ化だもんなあ。ちなみに今調べたら、2017年の12月に原作は完結しているらしい。もう追いかける気力はないけれど、まだやっていたんだなあということに驚き。
アニメの出来はというと、何かいまいちなんだよなあ。もう遠い記憶なので定かではないが、原作の方がキャラが立っていたような気がする。特に主人公サイドのキャラが弱い。ダリューンにしろナルサスにしろ、もっと有能だったような気がするんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 二期は

二期になった艦これはなんだかデイリーとかウィークリー任務がこなしやすくなっていてた。特に2-1が便利。輸送艦が狙えるし、ボス固定もできるので、ここだけで「敵補給艦を3隻撃沈せよ!」と「南西諸島海域の制海権を握れ!」が済んじゃう。これまでは輸送艦狙いたいのにボス行っちゃうとか、その逆とかも頻繁にあって出撃数がかさんでいたんだけど、そういうことがなくなった。デイリーを短い時間で終えられる分、今は未攻略に戻ってしまった通常海域をクリアしているけれど、これがひととおり済んでしまったら、結構時間の余裕ができるんじゃないか。とりたててやることがあるわけではないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ももくり

2016年7月期のアニメの感想。二本目は「ももくり」。と思ったら元はインタネット配信だったらしい。まあいいか。
一見、甘々なラブコメなんだけど、ヒロインがストーカー気質で、普通の恋愛から少しだけ乖離したお話が繰り広げられる。一応ハッピーエンド的な終わり方をしているものの、本当にこのふたりがずっとうまくやっていけめかどうかは、少々疑問に思う。栗原さんはどこかで愛想を尽かされちゃうんじゃないかなあ。どっちもどっちっていう気はするけれど、ももくんから見た栗原さんって、ただかわいいだけの女の子って感じだったし。作中でも触れられていたように、栗原さんに対する違和感が大きくなっていったら、気持ちが離れていくんじゃないかなと。まあ、そんなこと考えずに、ふたりともかわいいなあと思いながら見てればいいアニメではあるんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏野菜を始末した

トマト、キュウリ、ゴーヤ、ピーマンを始末した。これから先は冬野菜の準備に入る。
今年の作柄はトマトがここ何年か続いた不作から少しだけ持ち直した。キュウリ、ゴーヤは例年並み。ピーマンは不作。七月後半からの猛暑と雨不足が効いたように思う。今年の夏はやはり暑すぎで、これから秋に向けて収穫を迎えるはずの作物もかなり影響が出ている。いつも茂り過ぎて始末に困るサツマイモでさえ、生育が悪く、株によっては枯れてしまったのもある。サツマイモがこんなふうになるなんて思いもしなかった。サトイモも枯れかかったような状態で、これから持ち直せるかどうか半々といったところ。例年より調子がいいのがマスカットで、比較的状態のいい実が取れている。甘みもかつてないほど強く、ブドウってのは雨降らなくても平気なんだなあと、感心している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 継子岳(2,858m)

チャオ御岳のゴンドラがグリーンシーズンの営業を再開したと知って、ひさしぶりに継子岳に登りに行った。ところが、このゴンドラの営業時間が曲者。事前に調べていかなかったのが悪いんだけど、登りの始発が10:30、下りの最終が15:00。つまり実質4時間ちょいしか、登山の時間がないということになる。急げば何とかなりそうなんだけど、大丈夫かなあ。でも、下りは日和田口登山道を使えば途中からチャオに分岐するルートもあるみたいだし。ということで、意を決して登ることにする。
山頂駅を10:40に出発し、自然探勝路とは名ばかりの実質、登山道を行く。日和田口登山道との合流地点、継子岳登山口到着が11:30。ここまではまあ想定どおり。ここから森林限界という名目の「木無し」まで30分。前に来た時はもう少し近かったような気がするが記憶違いだったらしい。木無しから、継子岳山頂までが60分。つまりはここで13:00ということ。想定より少し多い。大急ぎで昼食を摂って、あわてて下山。途中、コマクサの群生を見つけたり、雷鳥っぽい姿を見かけたりしたが、じっくり観察する時間もなくひたすら急いで、山頂駅に着いたのが、14:50。なんとか間に合った~。
これはこれでおもしろかったけど、もっとゆっくりしたいのが正直なところ。ゴンドラの営業開始をもう1時間ぐらい早くしてくれるとありがたいんだけどなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり飲み放題にしてしまうのであった

今日は継子岳に行ってきて、帰ってから焼き肉屋に直行した。先月、乗鞍に行った時も同じようなことをして、飲み放題にして飲み過ぎてしまったんだけど、今日もやっぱり飲み放題にしてしまった。アルコール類を一杯だけソフトドリンクに入れ替えるくらいなことはしたものの、根本的に反省していない模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 二期開始

メンテ収量が少し遅れたらしいけど、艦これの第二期が始まった。画面が大きくなって、インタフェースがあまり変わらないから、見やすくなっている。ひょっとしたら、グラフィックをきれいにするというのとは別に、高齢提督対応の面もあるのかなあと思ったり。このあたりは、今後、メンテを重ねるにしたがって変わっていきそうなので、今の時点では何とも言えないけど。操作に対するレスポンスはかなり悪くなったものの、お城プロジェクトよりはだいぶまし。だいたい、ブラウザ版がAndroid版並みに遅くなったというレベル。それでも、ストレスは感じる。
今日はとりあえず1-1から1-4までと2-1をクリアしておいた。1-2以降の海域のイメージがだいぶ変わっている。ルートが変わっているんだから、分岐条件も変わっているんだろうけど、どういうわけか全部ストレートでボスに行けちゃったので、よくわからん。いろいろわかってくるまでは試行錯誤も必要になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御城プロジェクトRE~CASTLE DEFENSE~

艦これがメンテ中でできないので、御城プロジェクトREをやってみた。だいぶ前にさわりのところだけやって、ほとんど遊ばないまま放ってあったのだが、やり始めたらそこそこ楽しめた。ともと、お城か軍艦かでいえば、お城の方が興味があったはずなのに、知らない城娘がぞろぞろ出てくる。こっちの世界でも素人だったか~。
今は「天下統一」をやっていて、シナリオらしきものはあるものの、そこは気にせずタワーディフェンスゲームとして遊んでいる。この手のゲームってあまりしたことがなくて、「モナークモナーク」ぐらいかなあ。あれをやったのは大昔なんであいまいなんだが、あれよりは手を出すところが多いような気がする。
システム的にはずいぶんと重い感じで、クリックしてからの反応が遅くていらいらさせられる。これって、HTML5らしいんだけど、艦これ二期もこんな感じになっちゃうんかなあ。心配だ。もしかしたら、Edgeのせいかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 一期終了

艦これも今日のメンテ突入を以て第一期終了。終戦の日に合わせたのはわざとなんだろうなあ。
艦これ始めた時には、もう出遅れちゃったかなあと思っていたのだけれど、いつのまにやら古参の部類になってしまったという。長く続くってのはいいもんだけど、どうしてこんなに続けていられるのかは謎。正直、ずいぶん前から飽きてきたと思うようになってきたけれど、それでもやめようという気にはならない。
メンテ突入前にはがんばって出撃系のウィークリー任務を片付けて、秘書艦に初期艦である電ちゃんを据えて、おしまい。メンテ明けがいつになるかは予測できないけれど、艦これ始めた時と同じように、電に迎えてもらえるとまたやる気が出てくるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 12.7cm連装砲A型改三(戦時改修)+高射装置

工廠任務『駆逐艦主砲兵装の戦時改修』をクリアして、12.7cm連装砲A型改三(戦時改修)+高射装置を手に入れた。最近の工廠任務としてはネジやさしめだなあと思っていたのだがクリアしてたら次に出てきた任務でも、94式高射装置が要求されるという。しかもクォータリー任務らしい。94式高射装置になんて、普通、吹雪改二と摩耶改二が持ってくる分しか持ってないよ。つまり、ふたつ。クォータリー任務になったってことは牧場するしかないのか。摩耶で牧場するか吹雪で牧場するか、どっちにしてもレベル高いしクォータリーに間に合うかなあ。
せっかくなんで、12.7cm連装砲A型改三(戦時改修)+高射装置を付けた吹雪改二を出撃させてみたが、どのくらい強いのかよくわからんね。装備ボーナス込みでスペック的には高くなってるけど、吹雪改二自体、あまり厳しい海域に連れて行ったことないからなあ。強くなったといわれればそんな気もするし、っていうレベル。ルート固定で特型駆逐艦が要るとかじゃなければ、無理に94式高射装置牧場をするほどでもないかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 今度のメンテは史上最大規模らしい

運営電文によると、『次回「艦これ」稼働全サーバ群メンテナンスは、「艦これ」史上最大規模となるメンテナンス&アップデートです』、『同開始予定は【8/15(水) AM11:55】、第二期(HTML5化)【Block-1】への換装完了は【8/17(金) 18:00】を予定しています』とのこと。
さすがにHTML5化ともなると、一日じゃおさまらないらしい。艦これのサーバ群がどんな構成かはしらないけど、あまり融通の利く構成でもなさそうだったから、大規模メンテとなるとハードウェアの更改もからんでくるんじゃないかという気がする。本当に水~金で収まるのか不安なので、ウィークリィを前倒しで片付けようとしているんだけど、こういう時に限って3-5下ルートで大破撤退続き。こういうときは3-3も併用するほうがいいんだろうねえ。まあ、いいや。明日中になんとかしよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レコーダの調子が悪い

今使っているブルーレイレコーダの調子が悪い。この前、電源を付けても右上に小さい画面しか出ないという不思議な現象があって、その時は強制リセットして直ったように見えたのだが、翌日確認してみたら録画に失敗した番組が何本もあった。それ以前に、いつも夏になると音声がうまく再生できないことがあって、これは暑さのせいなんだろうなあとあきらめていたのだが、これもよく考えたらあきらめるような話しでもない。面倒くさいけど、そろそろ買い替えるのが正解かも。それにしても、どうも最近の家電ってこわれやすい気がするなあ。日本製っていっても、昔日の信頼性は失われたということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らじるらじるが途中で止まる

SEIKO CLOCK SS501KではNHK第一が聴けないので、余っていたスマホにらじるらじるをインストールして、それをBluetoothで接続して聞くようにしていた。最初のうちは調子よかったんだけど、アプリがハングするようになった。ちりあえず、スマホを再起動させたら鳴るようにはなったんだけど、今度はらじるらじるが途中で止まるようになった。調べてみたら、スマホの省電力機能が悪さをするとこういうことになるらしいのだが、再起動くらいでその辺の設定って変わるんだっけ。よくわからんけど、明日以降に試してみよう。らじるらじる経由だとノイズがのらないので、家族からもわりと好評だったんだよね。できればこのまま使えるようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 43人目は武蔵

武蔵改二がレベル99になったので、まあ大和とセットだしなあということで、ケッコンカッコカリ。
もともとは大和狙いで大型艦建造を回してたら武蔵が先に来ちゃったっていう流れなんだけど、レベルは微妙に大和が上っていう状態だった。まあ、姉妹艦だし、意図してそうやっていたんだけども。実は武蔵は改二になるまでの格好が少し苦手て、正直なところちょっと引いていたところもあった。改二になってからはちゃんと服を着ているので、すっかり苦手意識がなくなってどちらかといえば好きな艦娘になった。「相棒」呼ばわりされるのっていいよね。
ユニットとしては、5スロというか、5スロ、プラス補強増設を使えるのが便利過ぎ。低速縛りの海域でも高速化して使えるし、そうでなければ対空C/Iさせたり、三式弾と徹甲弾を両方装備したりといろいろい融通が利くので、今後のイベントでもお世話になるに違いない。普段は資源が重いのでお留守番率が高いだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありふれた職業で世界最強

「小説を読もう!」からもうひとつ。こいつは最近ではなく、だいぶ前に読んだヤツ。ユーザ登録する前だったから、タイトルで検索して探していた。
内容としては、いかにもなろう系の異世界モノ。クラス丸ごと異世界に召喚されたものの、主人公だけはしょぼいスペックしか与えられなかったが、実は、ってヤツ。ここまでベタな作品を読むのは初めてだったので、結構楽しく読んだ。最初の方の、弱かった主人公が多大な苦痛を受けながらも力をつけていく過程とか、ラストあたりでチートの極みまで達した主人公が神に挑んでズタボロになってしまうところなんかは結構燃えた。これ書こうとして、ひさしぶりに検索したらアフターストーリが結構できている。これはまた読まねばなるまい。せっかくだからブックマークに登録しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

if・竹中半兵衛 現代知識とチャットルームを武器に戦国乱世を生き抜く

てなわけで、最近「小説を読もう!」で見つけた作品の紹介でも。ひとつめは「if・竹中半兵衛 現代知識とチャットルームを武器に戦国乱世を生き抜く」。わりと地元感が強い竹中半兵衛を主人公にした、転生モノ。他の転生モノと違うところは、全然しらない他人同士で戦国の日本各地に転生してしまうという点。彼らを結びつけるのが、不定期に現れるチャットルームっぽい何か。ここで密談することによってお互いに連携しつつ、戦国の世を生き抜いていく話になっている。正直、歴史の知識や現代技術を知っていたからって、そんなにうまくいくもんかと思う点は多々あるけれど、それでもたいした武勇も持たない主人公たちが歴史を改変していく様は実に面白い。松平元康のあっけない最期なんかはいっそ痛快といっていいかもしれない。そんな感じなので、戦国時代のメインプレイヤーが好きなひとには、ちょっとお勧めできないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小説を読もう!

何をいまさらといわれそうだが、最近になって「小説を読もう!」にユーザ登録した。そうしたら、ほとんどKindle本を買わなくなってしまった。使い勝手はKindleの方が上だけど、ただで読めちゃうのにはかなわない。作品の質しかもあるので一概にはいえないかもしれないけど、ただで読めるものだから、おもしろくないものをすぱすぱ切れちゃうっていうのが、意外に気持ちがいい。なんとなく、お金を払っているからこそ、おもしろくないものは読むのをやめるようになるという気がしていたんだけど、どうも逆らしい。投入した資本があると、引き際を正常に判断できなくなる、っていうのが正解だったようだ。そのかわり面白いのにあたってしまうと、発表分を読み切るまで読み続けてしまうから、あっという間に休日がつぶれてしまうという欠点がある。これは気を付けないと本当にヤバい。昔、「ゲームは一日一時間」なんてのがあったけど、そのくらいの制限はかけとかないと、他のことが何も出来なくなってしまいそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 晩夏イベの次は秋まつりコラボらしい

運営電文によると、『現在「艦これ」運営鎮守府は、第二期(HTML5化)【Block-1】投入準備、その後の【晩夏イベ】期間限定海域&新艦娘、そしてすぐ来てしまう秋に向けて、素敵&楽しいコンビニさんと【「艦これ」鎮守府秋祭りコラボ】展開の準備も進めています。』ということで、いったいどこにチカラ入れているんだろう。この書き方だと、晩夏イベはわりと力が抜けているような気がする。運営としての入れ込み具合とイベントの難易度は関係なさそうなところが、つらいとこだけど。コラボイベントの方はちゃんと参加したことが一度もないんだよね。あまりグッズを欲しいとか思わなくなったし。この中で気になるというか、気がかりなのは、『第二期(HTML5化)【Block-1】投入』に尽きるね。ちゃんと移行できるんだろうかとか。変なUIになっちゃわないだろうかとか、通常海域の攻略方法を見直さなきゃいけなくなったらイヤだなとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月4日 西穂独標(2,701m)

西穂高の独標に行ってきた。ここは以前行ったときにはガスで何も見えなかったので、そのうちまた行こうかと思っていた。ただ、問題があって、あいかわらず岩場が苦手なこと。前に行った時にもかなり怖い思いをしながら登った。あれからずいぶんと時が流れて、少しくらいは岩場に慣れてきたんだろうから大丈夫じゃないかなあと楽観していたのだが、結論からいうとやっぱり怖かった。ひとが多くて、一気に登れなかったのも怖さの原因ではあるが、やっぱりこういうのが怖いっていう感覚が抜けないんだろうなあ。場数を踏めば何とかなるかもしれないけど、好き好んで苦手なところにはいかないしなあ。
ただ、天気はよくて、独標からの眺めを楽しむことはできた。西穂高のピラミッドピークが眼前に聳え、多くの登山者がチャレンジしている。KONKONはといえば、独標から西穂高方面への下りルートを見て、こんなの無理無理っていうレベルだったが。例によって写真をいくつか。
西穂山荘と焼岳。
20180804a
笠ヶ岳。
20180804b
独標とピラミッドピーク。
20180804c
霞沢岳と上高地。
2018080404d

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山に行って酒呑んで

思いついて西穂独標に行って、帰ってから焼肉でビールをたらふく。眠いので寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 舞鶴に異動して思ったこと

この前のメンテナンスで、ショートランド泊地から舞鶴鎮守府に異動になったんだけど、何か演習で単艦放置してくれるひとが少ないねえ。異動したひとが多すぎて、もともとこうだったのか、異動したひとにそういうひとが多いのかったのは判然としないけれど。その日の前半の演習は出勤前にやっているので、ちょっと編成を考えなきゃいけなくなると時間がかかって大忙しになってしまう。もう少し余裕のある時間にやるようにしたほうがいいかもね。ランキングはガンガン下がっていて、さっき見たら3,000位に近い2,000位台だった。これは移動してきたひとのせいなんだろうなあ。以前の舞鶴は順位争いはゆるかったっていう話だし。何かすいません、もともと舞鶴だった提督さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ReLIFE

2016年7月期のアニメの感想。一本目は「ReLIFE」。
最初、オリジナルアニメかと思ってたんだけど、しっかり原作モノだった。三ヶ月で仕事を辞めてフリーターをやっていた主人公が、リライフ研究所の実験体として、見た目だけ若返って高校生活を送ることになる、っていうお話。見た目だけ若返るってのが少し新しいかな。高校の同級生にくらべると体力や回復力は落ちている一方、酒なんかは平気で飲めちゃう。タバコも吸うけど、臭いに関する言及がないのがよくわからないところ。それにしても、27歳という主人公の年齢は十分若いと思えてしまうんだけど、高校生にくらべたら十歳も年上なんだなあ、ってのがあたりまえだけどびっくりした。あんまりこういう視点でみたことなかったんで。
話としては27歳のオジサン(!)が高校生と同級生として過ごす学園モノで、あまり突拍子もない事件は起きないんだけど、ちゃんとストーリとして進んでいって、先が気になってしまうってのが、うまいなあと思った。普通に作っちゃうと、よくある日常系アニメになっちゃうところなのに。放送分のラストあたりは大神と狩生がメインみたいになっちゃってちょっと不満だったけど、完結編ってのが別にあるらしい。そっちも気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 舞鶴鎮守府に異動

意外にもメンテナンスが定刻よりも少し早く終わって、ログインしたが特に何の反応もなし。これは異動願いが受理されなかったんだなと思いきや、戦績表示を開くとしっかり舞鶴鎮守府になっていた。てっきりログイン後にお知らせみたいなのがあるものだとばかり。月初めはたいてい元帥になってるけど、ここでは大将になっている。順位はあまり気にしたことがないからわからない。月末だったらなんとなくわかるんだけどなあ。まあ、あまり気にせずにやっていこう。
さて、これでようやくわりと近くの鎮守府になったわけだから、これはもう聖地巡礼するしかない。今は暑いから避けるとして、雪が降り始める前には一度行っておきたいなあ。何かいいきっかけになるイベントとかないかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艦これ 明日はメンテ

艦これは明日11:00から21:00までメンテナンス。どうせ延びるだろうというのはさておき。今回のメンテではいよいよサーバー間転属が実施される。運営電文によると、「数万規模」で「第一弾」ということだから、かなりの規模の移転になりそう。転属願を出した提督がそれだけ多いってことか。まだまだアクティブユーザって多いんだな。ちなみにKONKONは現在ショートランド泊地で、舞鶴に転属願を出している。舞鶴になったら、一度聖地巡礼でもやりたいなあと思っているが、さて、どうなりますやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »