« やっぱり飲み放題にしてしまうのであった | トップページ | 夏野菜を始末した »

2018年8月20日 継子岳(2,858m)

チャオ御岳のゴンドラがグリーンシーズンの営業を再開したと知って、ひさしぶりに継子岳に登りに行った。ところが、このゴンドラの営業時間が曲者。事前に調べていかなかったのが悪いんだけど、登りの始発が10:30、下りの最終が15:00。つまり実質4時間ちょいしか、登山の時間がないということになる。急げば何とかなりそうなんだけど、大丈夫かなあ。でも、下りは日和田口登山道を使えば途中からチャオに分岐するルートもあるみたいだし。ということで、意を決して登ることにする。
山頂駅を10:40に出発し、自然探勝路とは名ばかりの実質、登山道を行く。日和田口登山道との合流地点、継子岳登山口到着が11:30。ここまではまあ想定どおり。ここから森林限界という名目の「木無し」まで30分。前に来た時はもう少し近かったような気がするが記憶違いだったらしい。木無しから、継子岳山頂までが60分。つまりはここで13:00ということ。想定より少し多い。大急ぎで昼食を摂って、あわてて下山。途中、コマクサの群生を見つけたり、雷鳥っぽい姿を見かけたりしたが、じっくり観察する時間もなくひたすら急いで、山頂駅に着いたのが、14:50。なんとか間に合った~。
これはこれでおもしろかったけど、もっとゆっくりしたいのが正直なところ。ゴンドラの営業開始をもう1時間ぐらい早くしてくれるとありがたいんだけどなあ。

|

« やっぱり飲み放題にしてしまうのであった | トップページ | 夏野菜を始末した »

旅行・地域」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年8月20日 継子岳(2,858m):

« やっぱり飲み放題にしてしまうのであった | トップページ | 夏野菜を始末した »