« 艦これ 資源がじりじり減っていく | トップページ | プリンスメロンが枯れてしまった »

平坂読「妹さえいればいい。 7」

表紙イラストって誰、という感じで読み始めたのだけれど、かなり重要なキャラだったのね。このキャラがらみの描写が重いせいで、伊月と那由多が付き合い始めるっていう話が吹き飛んでしまったわ。こっちはこっちでこれまでのストーリからすると重要な転換点のはずなのに。これがいいことなのか悪いことなのかは、この先どうなるかによるかなあ。一応最初から考えていたエピソードなんだろうなあとは思うものの、唐突感もぬぐえなくって、ただ単に伊月と那由多に対する「リア充爆発しろ」的な反応を抑えるだけの重しかもしれんなあと思ったり。

|

« 艦これ 資源がじりじり減っていく | トップページ | プリンスメロンが枯れてしまった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平坂読「妹さえいればいい。 7」:

« 艦これ 資源がじりじり減っていく | トップページ | プリンスメロンが枯れてしまった »