« 今年もジャガイモはダメだった | トップページ | ノート e-POWER 4WD »

鈴木大輔「文句の付けようがないラブコメ 7」

前の巻がああいう終わり方をしたので、どう話が続くのかと思ったら、あれはあれで話が終わっていて、この巻はエピローグ集みたいなもんだった。確かにあの後普通に話が続いていったら、蛇足感がすごそうだもんな。これはこれでよかったような気がする。それにしても、これだけサブヒロインの話を並べても、セカイのメインヒロイン感がゆるがない、ってのもすごいよなあ。それだけ、このシリーズが積み重ねてきたものが重いってことだよなあ。これを以て「文句の付けようがないラブコメ」といい切ってしまうのはどうかと思うけど、ここまで変則的な話なのにラブ成分は文句なくあったな。

|

« 今年もジャガイモはダメだった | トップページ | ノート e-POWER 4WD »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木大輔「文句の付けようがないラブコメ 7」:

« 今年もジャガイモはダメだった | トップページ | ノート e-POWER 4WD »