« 白馬にいます 2018 その1 | トップページ | 白馬から帰ってきた »

白馬にいます 2018 その2

朝から雨。天気予報では午後から天気がよくなりそう。ただし、天気は不安定なのでどう転ぶかはわからないという非常に悩ましい状況。奥裾花をあきらめめるのはもったいないので、鬼無里で時間つぶしをしつつ、天候の回復を待つことにした。鬼無里についての予備知識が乏しいため、まずはふるさと資料館というところに行ってみた。ここには鬼無里の山車が展示されていて、その山車が意外なほど立派で、以前はとても裕福な村だったらしいことがうかがわれた。この山車を見るだけでも入場料200円分の価値はあるのだが、その他にも鬼無里の歴史や、鬼無里ゆかりの人物についての展示があり、この手のものが好きなら足を運ぶ価値はあると思う。その後、鬼女伝説の紅葉の墓がある松巌寺を見物してから、ダメもとで大望峠に行ってやっぱり雨ですごすごと引き返した。鬼無里でそばを食べているとよくやく晴れ間が広がり、よろこび勇んで奥裾花自然園に向かった。
奥裾花自然園は事前情報どおりの雪の少なさで、以前来たときよりも多くの水芭蕉を見ることができた。

|

« 白馬にいます 2018 その1 | トップページ | 白馬から帰ってきた »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75531/66683906

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬にいます 2018 その2:

« 白馬にいます 2018 その1 | トップページ | 白馬から帰ってきた »