« 少年メイド | トップページ | 艦これ 不知火改二 »

さがら総「変態王子と笑わない猫。 12」

最終巻。とはいっても、実質的には11巻で話は終わっているので、まるまる一冊エピローグといったところ。ものすご~く単純にいってしまえば、記憶を保持しているがために、以前と同じようにしたいと思ってしまう筒隠を前に向かせる話。物語的というか人生論的には、それが正しいんだけど、月子ちゃんの気持ちもわかるから、単なるハッピーエンドじゃなくて、そこはかとなくビターな読後感もある。あの変態さんのお話が、こんなにじんわりとくるような終わり方をするとはねえ。最後まで読んでよかった。読後感はそうなんだけど、やっていることは本編と似たり寄ったりの変態さってのが何とも。猫神に建前を取られちゃったから変態化したっていう設定、どこへやった。

|

« 少年メイド | トップページ | 艦これ 不知火改二 »

☆☆☆☆」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75531/66723436

この記事へのトラックバック一覧です: さがら総「変態王子と笑わない猫。 12」:

« 少年メイド | トップページ | 艦これ 不知火改二 »