« 甲鉄城のカバネリ | トップページ | 電話のアイコン »

南房秀久「ノーブルウィッチーズ 6 第506統合戦闘航空団 疑心! 」

何かひさしぶりに読んだ気がする。那佳とハインリーケはわかるんだけど、他のメンバーがわからなくなってる。A部隊とB部隊とかいう大枠の話は覚えているから読むのにはあまり問題ないけど。それにしてもプチ守銭奴とお姫様ってのは記憶に残りやすいんだろうか。
今回は「ガリアの子ら」という洗脳された少女たちからなる部隊が登場する。彼女たちに襲撃された那佳を救うために、A部隊が王党派に下る。そして、監視役として「ガリアの子ら」が派遣される。監視役とか関係なく「ガリアの子ら」と交流を深めようとする那佳だったが、という話。ちなみに「ガリアの子ら」はウィッチたちよりも年少なのだが、こんな子たちになんてひどいことを、みたいな流れがまったくなかったのには、少し驚いた。

|

« 甲鉄城のカバネリ | トップページ | 電話のアイコン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南房秀久「ノーブルウィッチーズ 6 第506統合戦闘航空団 疑心! 」:

« 甲鉄城のカバネリ | トップページ | 電話のアイコン »