« 仕事始め | トップページ | 渡辺恒彦「理想のヒモ生活 4」 »

駱駝 「俺を好きなのはお前だけかよ 3」

高校野球地方大会の時の串揚げ屋の少女ツバキが転校してきて、串揚げ屋が繁盛するためのヒントをくれた主人公に尽くそうとするという導入部から始まって、モブのくせにハーレムルート突入か。みたいな流れになるんだけど、そのモブのくせにっていう主人公の言葉がキーになるお話。読み終わってから思い返すと結構強引な話の作りになっているものの、読んでいるうちはあまりそう感じなかった。作者の筆力が高いのかKONKONがうっかりさんなのかは意見の分かれるところ。ツバキの店でアルバイトするシーンが多いため、パンジーの出番が少なくなってしまっているのが残念なところ。でも、少ない出番でも存在感はあるし、なにより巻末近くでメガネのままでも魅力的に思えるような描写があったことで、彼女のファンとしては満足を覚えざるを得ない。あまり魅力的に描かれると、構内での立ち位置に問題が出てきそうだけどね。

|

« 仕事始め | トップページ | 渡辺恒彦「理想のヒモ生活 4」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駱駝 「俺を好きなのはお前だけかよ 3」:

« 仕事始め | トップページ | 渡辺恒彦「理想のヒモ生活 4」 »