« 明鏡シスイ「軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? 6」 | トップページ | 艦これ 秋イベント2017 その9 おしまい »

日向夏「薬屋のひとりごと 3」

最近、紙の本を持ち歩かなくなって、何かの合間に少しずつ読むようになった。それ自体は別にどうってことはないんだけど、こういう感想を書こうとすると、あれ、最初の方ってどうだったけ、みたいなことになってしまう。この「薬屋のひとりごと 3」でもそうなってしまったのだが、これは読むのに時間がかかったせいではなくて、最終話だけいきなりお話の傾向が変わったせいだと思う。ほとんどのところは、これまでどおりの、何か事件があって、謎解きをするっていうルーチンなのに、最後がいきなりあれだもんなあ。確かに壬氏については、いくつかの事件を通して、少しずつ正体が明かされていく感じはあったので、結びの一文に驚きはなかったけれど、その前の猫猫とのやりとりは、ねえ。あれで意を決してなにごとかを伝えようとした壬氏だが、猫猫は全力でスルー。ああ、こうなっちゃうんだ。これはずいぶん気の毒だなあ。

|

« 明鏡シスイ「軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? 6」 | トップページ | 艦これ 秋イベント2017 その9 おしまい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日向夏「薬屋のひとりごと 3」:

« 明鏡シスイ「軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? 6」 | トップページ | 艦これ 秋イベント2017 その9 おしまい »