« ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜 | トップページ | 川原礫「アクセル・ワールド21 ―雪の妖精―」 »

トヨタ車のデザイン

最近、街中を走っているとシエンタがよく目につく。フロントモールっていうんだろうか。隈取りのようなラインが特徴的なデザインで、発表された時には、こんなモノ受け入れられるんだろうかと懐疑的に感じていたのだが、いざふたを開けたら大売れに売れているらしい。新型カムリもちょくちょく見かける。これも前の型からイメージ一新して格好よくなっちゃって、どうしたんだろうと思っていたが、少なくとも前の型よりは売れているようだ。前のは見掛けても気が付かなかったということもありそうだけど。そういえば、CH-Rも売れているんだよなあ。ということを考えると、どうも、KONKONがこれじゃあダメなんじゃないかなあと思ったものが、ずいぶんと売れているということか。うーん。たしかにスタイリングの趣味は世の中のひとからずれているのかもしれないなあと思ったことはあるけど。今のクラウンだって受け入れられないと思っていたのに、今じゃすっかり街になじんじゃっているからなあ。もう、あんまりトヨタ車のデザインをけなさないほうがいいのかも。良し悪しじゃなくて好き嫌いの話はするけどね。

|

« ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜 | トップページ | 川原礫「アクセル・ワールド21 ―雪の妖精―」 »

オートバイとクルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ車のデザイン:

« ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜 | トップページ | 川原礫「アクセル・ワールド21 ―雪の妖精―」 »