« トヨタ車のデザイン | トップページ | スイフトスポーツ発表 »

川原礫「アクセル・ワールド21 ―雪の妖精―」

オシラトリ・ユニヴァースとの領土戦だったっけ、みたいな感じで読み始めた。時間的な幅はあまりないわりにはいろいろなことが起きて、なかなかめまぐるしい。そこで起きる出来事が、これまでとくらべると、タガがはずれたようなレベルの話になっていて、このまま、なんでもありになっちゃうんじゃないかと心配になる。加速研究会なんていっているだけあって、加速世界の仕組みには詳しいということなんだろうなあ。その分、心意技が使えるレベルのバーストリンカーがなすすべもなくやられてしまう、ってのはどうしたもんかという気にはなるけど。いまさらキャラの大幅レベルアップなんてないだろうし、こんな戦い方になったら、活躍できるキャラが限られてしまうんじゃないだろうか。
ところで「雪の妖精」って、サブタイトルになるほど出てないよなあ。いつものことではあるけれど。

|

« トヨタ車のデザイン | トップページ | スイフトスポーツ発表 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

☆☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川原礫「アクセル・ワールド21 ―雪の妖精―」:

« トヨタ車のデザイン | トップページ | スイフトスポーツ発表 »