« 落第騎士の英雄譚 | トップページ | 2017年6月3日 伊吹山(1,377m) »

終物語

2015年10月期のアニメの感想。十一本目は「終物語」。
「物語」シリーズってもっとおもしろかったような気がするんだけど、ひさしぶりに見たら、ふ~ん、で終わってしまった。う~む、なんでだろうねえ。ひとつにはこのシリーズの演出に飽きたとまではいわないけれど、慣れてしまったってのがあると思う。もうひとつは、おうぎのキャラクターが不気味に思えて、没入を妨げられてしまったから、ってのもある。怪異がどうこうというよりも、ストーカー気質みたいな普通の人間的なところに拒否反応が出てしまう。もっとも、後半になって彼女が出てこなくなってからも、あまり感想はかわらなかったんだけどね。
ところで、「終物語」はこれが上中巻分で、下巻分は今年の7月から放映だそうで。このペースだと見るのは再来年以降になりそうだけど、その時、どんな感想を持つんだろうね。自分のことながら、気になる。

|

« 落第騎士の英雄譚 | トップページ | 2017年6月3日 伊吹山(1,377m) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終物語:

« 落第騎士の英雄譚 | トップページ | 2017年6月3日 伊吹山(1,377m) »